モエレ沼公園

モエレ沼公園は、札幌市の市街地を公園や緑地の帯で包み込もうという「環状グリーンベルト構想」における拠点公園として計画された札幌市の総合公園です。1982(昭和57)年に着工し、2005(平成17)年に グランドオープンしました。基本設計は世界的に著名な彫刻家イサム・ノグチが手がけ、「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもとに造成が進められました。

広大な敷地には幾何学形態を多用した山や噴水、遊具などの施設が整然と配置されており、自然とアートが融合した美しい景観を楽しむことが できます。春にはサクラが咲き、夏には水遊び場や噴水など札幌のさわやかな夏を彩る施設がオープン。秋には紅葉、冬は一面の雪景色の中でクロスカントリースキーやソリ遊びが楽しめるなど、四季折々の魅力を持った公園です。

また、ゴミ処理場の跡地を公園化したことや、屋内施設であるガラスのピラミッドに地域固有の自然エネルギーである雪を活用した冷房システムを導入していることから、自然環境保全の観点からも注目を集めています。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttps://moerenumapark.jp/
開館時間
7:0022:00
入場料お問い合わせください。イベントによって異なります。
住所

住所: 〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

電話011-790-1231

ファックス011-792-2595

地下鉄東豊線新道東駅より中央バス(「中沼小学校通」行き)「モエレ沼公園西口」下車、地下鉄南北線北34条駅より中央バス(「中沼小学校通」行き)「モエレ沼公園西口」下車、地下鉄東豊線環状通東駅より中央バス(「中沼小学校通」または「あいの里教育大駅」行き)「モエレ沼公園東口」下車

AD