尾道市立美術館

市民による草の根運動から始まって、昭和55年に開館した尾道市立美術館は、開館20年を経て、「本物の芸術と文化を提供し、新たな感動の中で歴史を見据えながら、未来へと羽ばたく豊かな夢と明るい希望を世界へ発信して、地域社会に貢献する本格派の美術館」という新たなコンセプトのもとに、安藤忠雄氏の設計による改修工事を終えて、平成15年1月10日、千光寺公園内にリニューアル・オープンしました。
尾道市立美術館の理念は、時代や国境、さらにはジャンルを超えて、広範にわたり、質の高い芸術を提供することによって、地域とともに文化を育み、日本と世界の伝統を担う芸術と文化の橋渡しとなっていくことにあります。しまなみ海道と中国横断自動車道の要衝に位置する尾道市立美術館は、世界に誇る建築家の美意識を打ち出しながら、豊かな瀬戸内の自然環境と寺社の多い町並みにとけ込んでいます。そして、質の高い芸術品や文化財の展示に不可欠な空調・防災・防犯の設備はもとより、展示壁やケース、収蔵庫・荷解室を備え、内外の名品の収蔵先の信頼に応える美術館となっています。
尾道市立美術館は、こうした充実した施設や恵まれた立地条件を活用して、尾道に住み、また、そこを訪れる多くのみなさまが気軽に立ち寄って、温かな瀬戸内の風景の中で、香り高い本物の芸術・文化に接することのできる、憩いの場を提供してまいります。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttps://www.onomichi-museum.jp
コレクション小林和作、中村琢二、エマニュエル・ダモア、浅野竹二、森谷南人子、ジュール・デュプレ
開館時間
09:0017:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館
展示替期間・年末年始休館
入場料お問い合わせください。イベントによって異なります。
住所

住所: 〒722-0032 広島県尾道市西土堂町17-19

電話0848-23-2281

JR山陽本線尾道駅南口よりおのみちバス(東行き・1番のりば)「長江口」下車し、千光寺山ロープウェイ「山麓駅」よりロープウェイ「千光寺公園駅」下車徒歩4分、JR尾道駅よりタクシー7分

AD