市立小樽美術館

北海道の中心部に位置し天然の良港に恵まれた小樽は、早くから北海道開発の拠点として発展した。特に明治から大正、昭和初期にかけて、石炭の積出などを扱う港湾を中心に活発な経済活動が展開され、北海道を代表する商都として繁栄した。これに呼応するかのように美術、文学など様々な分野に優れた業績を残した作家を輩出している。
こうした先達の足跡を紹介し、美術文化向上のために、昭和54年小樽美術館設立期成会が発足、期成会の手により小樽市分庁舎2階を改装し、昭和54年8月19日市立小樽美術館が開館した。
美術館では、小樽にゆかりのある美術家の作品を中心に調査、収集、保存、展示するとともに、特定のテーマに基づいた特別展を開催、また美術講座、美術散歩を実施している。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttps://www.city.otaru.lg.jp/docs/2020111300095/
開館時間
9:3017:00
月曜休館
祝日は開館し翌日休館(翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合は開館)
年末年始休館(12月29日〜1月3日)
入場料一般 300円、高校生・小樽市在住の70歳以上 150円、中学生以下・障害者手帳提示 無料、特別展はイベントにより異なる
住所

住所: 〒047-0031 北海道小樽市色内1-9-5

電話0134-34-0035

ファックス0134-32-2388

JR函館本線小樽駅より徒歩10分

AD