札幌大通地下ギャラリー「500m美術館」

札幌大通地下ギャラリー「500m美術館」は、地下鉄大通駅と東西線バスセンター前駅を結ぶ地下コンコースを会場に11月限定でアート作品の展示を行う「さっぽろアートステージ」の美術部門(愛称「500m美術館」)をその前身としています。

その後、市民や芸術文化関係者から常設化してほしいという声を受け、地下通路の有効活用という観点に加え、札幌のアーティストを中心に国内外の芸術文化を発信する場の1つとして、平成23年11月3日(文化の日)に駅施設内の通路に設置するギャラリーとしては日本で最長の施設として常設化しました。

札幌市の地域特性のひとつである地下空間を地元アーティストの発表の場として活用し、札幌の文化芸術を内外に発信するとともに、国内外の作家の作品を展示し、市民が様々な芸術作品に触れる機会を創出することを目的に毎年、複数回の展覧会を実施しています。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttp://500m.jp/
開館時間
7:3022:00
入場料無料
住所

住所: 北海道札幌市中央区大通西1〜大通東2(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅を結ぶ地下コンコース内)

地下鉄東西線バスセンター前駅より直結、地下鉄南北線・東西線・東豊線大通駅より直結

AD