「新素材研究所・ - 新素材 × 旧素材 -」

建築倉庫ミュージアム

poster for 「新素材研究所・ - 新素材 × 旧素材 -」
[画像: ガラスの茶室 聞鳥庵 (サンジョルジョ・マッジョーレ島、 ヴェネツィア) 2014年ヴェネツィア建築ビエンナーレ (C)︎Hiroshi Sugimoto/Courtesy of NMRL]

このイベントは終了しました。

世界的に活躍する現代美術作家・杉本博司が建築家・榊田倫之と共に2008年に設立した建築設計事務所「新素材研究所」の10年にわたる活動を、建築模型・写真、そして新素材研究所の使用する特徴的な古材や道具、素材等の展示を通して紹介する企画展。
「旧素材こそ最も新しい」という理念のもと、古代や中世、近世に用いられた素材や技法を、現代にどう再編して受け継いでいくかという課題に取り組む新素材研究所は、カタログからは建材を選ばず、骨董から産業資材まで独自の視点で見立てた素材を日頃から集め、それらを設計に生かし、空間を作っています。そのデザインは、素材の良さを最大限に引き出すための伝統的な職人の技術と最新技術とを融合させ、現代的なディテールで仕上げられます。新素材研究所の活動の軌跡を振り返る企画展です。
*展覧会タイトルは「しんそざいけんきゅうじょてん -しんそざい×きゅうそざい-」と読む
*「・」は「展」と新素材研究所設立10周年の「10」をかけている
[関連イベント]
・ギャラリートーク
日時: 2018年12月1日(土) 11:30-12:00
解説: 榊田倫之
参加費: 無料(事前申込不要。当日有効のミュージアム入場券が必要)
・講演「新素材研究所の設計手法について」(仮題)
日時: 2018年12月1日(土) 14:00-15:00(13:30より受付開始)
会場: 寺田倉庫 TERRATORIA
登壇者: 榊田倫之
定員: 120名
参加費: 無料(当日有効のミュージアム入場券が必要)
申込締切: 2018年11月30日(金)まで
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認下さい。
・講演「新素材研究所創業記」(仮題)
日時: 2019年1月12日(土) 14:00-15:00(13:30より受付開始)
会場: 寺田倉庫 TERRATORIA
登壇者: 杉本博司
定員: 120名
参加費: 無料(当日有効のミュージアム入場券が必要)
申込締切: 2019年1月11日(金)まで
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認下さい。

メディア

スケジュール

2018年10月21日 ~ 2019年03月03日
2019年1月15日〜2月5日までは展示室Bの展覧会入れ替えのため、休館

アーティスト

杉本博司榊田倫之

Facebook

Reviews

Emily Saya Niemann tablog review

New Material × Old Material

Artist Hiroshi Sugimoto's architectural projects with the New Material Research Laboratory

Mirai Kaneko tablog review

200万人のTABユーザーが今年注目した展覧会は? 2018年展覧会ランキング

2018年にTokyo Art BeatのInstagram、イベントページ、Facebookで人気だった展覧会をチェック!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援