田上允克 版画展

アンスティチュ・フランセ東京
終了しました

アーティスト

田上允克
田上允克は、1944年、山口県生れ。現在京都在住。山口大学で哲学を専攻し、大学卒業後、72年に上京する。東京の鷹美術研究所で学び始める。1974年に初めての個展を開き、鋭い筆致で描かれた幻想的な世界の絵画作品と版画を展示する。

評論家のBoguslaw Mansfeldは「石、空、剥き出しの存在の世界に、衝撃的で不気味な孤独が立ち現れる。作家が暗示しているように、怒りを内に秘めた孤独である。そこでは普遍的な様々な価値は欠落し、人の人生がその意味を失ってしまう。」と田上の世界とゴヤやヒエロニムス・ボッスのそれとを比較している。

今年3月に学院では田上の近作展を行い、今回、紹介する作品は30年以上前に制作された作品である。

AD

スケジュール

2004年11月18日(木)~2004年12月12日(日)

開館情報

時間
09:3020:00
月曜日は12:00から
土曜日は19:00まで
日曜日は18:00まで
休館日
祝日
入場料無料
展覧会URLhttp://www.ifjtokyo.or.jp/culture/exposition_j.html#Tagami
会場アンスティチュ・フランセ東京
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/
住所〒162-8415 東京都新宿区市ヶ谷船河原町15
アクセスJR総武線飯田橋駅西口より徒歩7分、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線飯田橋駅B3出口より徒歩7分、都営大江戸線牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分
電話番号03-5206-2500

AD