ベルナール・ケニョー展 「SERIAL DRAWER」

アンスティチュ・フランセ東京
終了しました

アーティスト

ベルナール・ケニョー
近年私が作品制作にあたって出発点としたのは、すでに幾度も語られてきた命題、絵画は死んだ、終わったという命題だった。この主題をめぐって、とくに個人的意見を持とうとしていたわけではなかったが、ともかく私がこの前提から出発して制作をこころみたのは、絵画の代わりになるオブジェ、ある種の代替物であった。
私自身、アーティストとして、ある他者、ある種の作られた分身のなかに消滅していく。他者ないし分身とは、20世紀の歴史をただ一人でやり直すという使命を負っていると自認する存在なのだが、不器用さやバランスの悪さ、いら立ち、誤解ないし不誠実のために、彼が制作するものは、的を外した作品、失敗作、未完成に終わった作品、まとまりを欠いた作品、「もう少しで良くなる」作品、不可解な作品、愚作になってしまう。新しいアーティストは財産目録を作成し、問いに答えようとする。そして長いこと続いてきた論争に加わろうと企てる。抽象と具象、下地と形式、装飾的なものと意味を含んだもの、実用的なものと精神的なものといった要素のそれぞれを調和させ、偏りを加える方向で問いに答えようとして生まれたのが、ハイブリッドなオブジェ、具象的であると同時に抽象的でもある一連の素描、実用性のある作品、いかなる精神性も含まないモノクロ作品であった。

AD

スケジュール

2005年5月14日(土)~2005年6月11日(土)

開館情報

時間
09:3020:00
月曜日は12:00から
土曜日は19:00まで
日曜日は18:00まで
休館日
祝日
入場料無料
展覧会URLhttp://www.ifjtokyo.or.jp/culture/exposition_j.html
会場アンスティチュ・フランセ東京
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/
住所〒162-8415 東京都新宿区市ヶ谷船河原町15
アクセスJR総武線飯田橋駅西口より徒歩7分、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線飯田橋駅B3出口より徒歩7分、都営大江戸線牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分
電話番号03-5206-2500

AD