オープン・ネイチャー:情報としての自然が開くもの

NTTインターコミュニケーション・センター
終了しました

アーティスト

アンジェラ・デタニコ,ラファエル・レイン,ダブルネガティヴス アーキテクチャー,福原志保,ゲオルク・トレメル,ノウボティック・リサーチ,カールステン・ニコライ,マルコ・ぺリハン,パクト・システムズ,ラジオクオリア,The SINE WAVE ORCHESTRA,ロバート・スミッソン,高嶺格,tsunamii.net,ubermorgen.com,山下秀之,山下研究室 in 長岡造形大学
この展覧会は,デジタルベースの情報環境が日常に浸透した現在において,「自然」というものをあらためて問い直し,芸術と科学のより多様な関係へと「開いていく(open)」ことを試みるものです.私たちにとって「自然」とは,情報技術を介在させた知覚によって,さまざまなスケールへと拡張したものとなっています.宇宙や深海など,人間が直接到達できない地域で採集されたデータは私たちに知覚可能な自然として再構成され,ナノレベルではゲノム解析をはじめ人間が新たな対象として探査されています.
本展覧会では,デジタルベースの情報環境によって可能になった新たな知覚および社会の問題を敏感に感知し,人間と植物,気象と建築,天体とサウンド,インターネットとマラソンなど,かつてない視点で多様な情報を創造的に連結・変換していくアーティストやデザイナー,建築家,企業の作品やプロジェクトを紹介します.
ミクロ/マクロ,可視/不可視,アナログ/デジタル,物質/非物質など,これまで対立するとみなされてきた諸要素が,ここでは新たな「自然」として提示されます.会場を訪れた人々は,知覚可能な物や現象から,その背後に横たわる膨大な情報のダイナミクスを想像すると同時に,そこから新たな関係性・可能性を探索していくことが期待されています.

イベント期間中,関連するトークイベント,シンポジウム,ワークショップなどが行われます.詳細はICCのホームページにて確認して下さい.

AD

スケジュール

2005年4月29日(金)~2005年7月3日(日)

会場の開館情報

11:0018:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、 展示替期間・年末年始休館
入場料一般800円、 大学生・高校生 600円、中学生・小学生 400円
展覧会URLhttp://www.ntticc.or.jp/Schedule/2005/Opennature/index_j.html
会場NTTインターコミュニケーション・センター
http://www.ntticc.or.jp/ja/
住所〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 4F
アクセス京王新線初台駅東口より徒歩3分、小田急小田原線参宮橋駅より徒歩11分、都営大江戸線西新宿五丁目駅A2出口より徒歩12分
電話番号0120-144199

AD

AD