アフリカ・リミックス:多様化するアフリカの現代美術

森美術館
終了しました
アフリカ—この広大な大陸を想像する時、あなたは何を想い浮かべるでしょうか。砂漠、サバンナ、熱帯雨林、壮大で美しい自然がある一方で高層ビルが林立する都市など、アフリカは実に多彩な顔を持っています。 日本の80倍もの面積に、さまざまな風土・気候・文化・民族・言語の国々があり、その広さと比例するように、そこには果てしない魅力が広がり満ちています。
アフリカ・リミックス展は現代アフリカ美術を通して、これまであまり知られることのなかった「今」のアフリカの魅力を大陸全土にわたる25カ国・84名のアーティストによる約140の作品で感じていただける展覧会です。
国内外初となる大規模なスケールで絵画、素描、彫刻、アッサンブラージュ、インスタレーション、写真、ビデオ、デザイン家具などあらゆるジャンルの作品を紹介。同時代のアフリカ美術の創造的エネルギー、また日常の営みから生まれた力強い表現力にふれていただけることでしょう。
タイトルの“リミックス”は音楽用語で複数の音声をつなぎ合わせ、効果的な演出を行うこと。本展では、個々の作品が多彩な音色を奏でるように、響き合い、リミックスされています。それらは現在のアフリカの状況を生き生きとした“鼓動”として伝え、初めて聴く音楽のように私たちの心をとらえます。
現代アフリカ美術を入り口にした、アフリカを知るための第一歩。アフリカ・リミックス展で、アフリカ大陸を縦断するように、あなたの想像の世界を広げてみてください。

本展はクンスト・パラスト美術館(デュッセルドルフ)を皮切りに、ヘイワード・ギャラリー(ロンドン)、ポンピドゥー・センター(パリ)を巡回し、日本では東京・森美術館にて開催。(チーフ・キュレーター:シモン・ンジャミ)
トーク、映画、アフリカ音楽など関連企画も多彩です。

(写真: Samuel Fosso "Series Tati (Self-portrait 2) : The chief who sold Africa to the colonists" 1997; Type C-print; 101x101cm; Centre Pompidou-MNAM-CCI, Paris; © Samuel Fosso)

スケジュール

2006年5月27日(土)~2006年8月31日(木)

開館情報

時間
10:0022:00
火曜日は17:00まで
入場料一般 1500円、学生(高校・大学生)1000円、子供(4歳以上−中学生)500円
展覧会URLhttp://www.mori.art.museum/contents/africa/
会場森美術館
https://www.mori.art.museum/
住所東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口より徒歩3分(コンコースにて直結)、都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩6分、JR渋谷駅より都営バス「六本木ヒルズ」下車すぐ
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)