「笑い展:現代アートにみる“おかしみ”の事情」展

森美術館
終了しました
私たちはみな、知っている世界や見えている風景、明らかな権力などに支配されがちですが、計り知れない自然や科学の力、目に見えない感覚や感情、新しい何かを創造する力なども、私たちが生きるためは欠くことのできないものです。現代アートは、しばしば説明のできないこれらのものを体験させたり、見せてくれたりします。それは、世の中の新しい見方や真実を追究する態度を教えてくれるものでもあります。時に不快な印象を受けるのも、社会の表面では隠されているものや、常識的な許容範囲を越えたものを提示することで、見えないものを見せようとしているからだとも言えるでしょう。
私たちを笑わせてくれるユーモアやジョーク、風刺や寓話などにも、これと似た役割があります。笑いは緊張感を緩和し、固定化した考え方や保守的な権力などに揺さぶりをかけ、それが真理であるのかを問いかけます。笑いはきわめて主観的なものでもあり、不快感と隣り合わせでもあります。『笑い展:現代アートにみる「おかしみ」の事情』は、むしろ脇役的な存在であるこの「笑い」の要素を集め、現代アートにある「おかしみ」を通して、作品のメッセージを読み取ろうとする試みです。笑いによって緩和された感受性の扉から、みなさんにはどのような世界が見えてくるでしょうか。

作品をただ笑っていただくもよし、その「おかしみ」の事情を考えていただくもよし。世界中から集結した50名の現代アーティストによる映像、写真、インスタレーションなど約200点。笑いのぎっしり詰まった森美術館をどうぞお楽しみください。

【画像:ブルー・ノーズ《革命は続く》2005年 Cプリント 75×100cm エディション5/10
Courtesy: Galerie Volker Diehl, Berlin and Guelman Gallery, Moscow 】

AD

スケジュール

2007年1月27日(土)~2007年5月6日(日)

3/20(火)、5/1(火)は開館時間を22時まで延長

会場の開館情報

10:0022:00
火曜日は17:00まで
入場料一般 1500円、学生(高校・大学生)1000円、子供(4歳以上-中学生)500円
展覧会URLhttp://www.mori.art.museum/contents/laughter/index.html
会場森美術館
https://www.mori.art.museum/
住所東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口より徒歩3分(コンコースにて直結)、都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩6分、JR渋谷駅より都営バス「六本木ヒルズ」下車すぐ
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)

AD

AD