「パリの思い出」展

アンスティチュ・フランセ東京
終了しました

アーティスト

ヴァレリー・ヴェイル、フィリップ・シャンセル
パリを始め、ロンドン、ニューヨークの、肩のこらない旅行話のように、ショーウインドウや普通のお店を通して、詩的散策へと誘う。リポーターが様々 な事実を集めるように、彼女もそうすることでドキュメンタリー写真とコンセプチュアルアート、それぞれの伝統を取り入れた都市空間の写真を取りつづけてい る。抽象的な風景と型破りなルポルタージュの狭間で、それぞれの都市と分かる美術館や観光名所に、大都市の魂が通う訳ではないことを Souvenir シリーズは思い起こさせる。エド・ルシャとジョルジュ・ペレック同様、ヴェイルはどんなテーマであれ、どんな物であれ、芸術に値しないものはないと主張す る。見ることや驚くことのできる力を持つことが大事なのだ。

•アーティストとの対談会(同時通訳付き)
10月19日(木)18:30

AD

スケジュール

2006年10月10日(火)~2006年11月21日(火)

開館情報

時間
09:3020:00
月曜日は12:00から
土曜日は19:00まで
日曜日は18:00まで
休館日
祝日
入場料無料
展覧会URLhttp://www.institut.jp/agenda/evenement.php?evt_id=255
会場アンスティチュ・フランセ東京
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/
住所〒162-8415 東京都新宿区市ヶ谷船河原町15
アクセスJR総武線飯田橋駅西口より徒歩7分、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線飯田橋駅B3出口より徒歩7分、都営大江戸線牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分
電話番号03-5206-2500

AD