「料治熊太と仲間たち 棟方志功・谷中安規、活躍ス!」展

町田市立国際版画美術館
終了しました

アーティスト

料治熊太、棟方志功、谷中安規
本展覧会は料治熊太の版画作品と、料治が編集発行した版画誌に木版画を発表した棟方志功や谷中安規ら、戦前の日本を代表する版画家たちの作品を展示する展覧会です。

料治熊太(りょうじ・くまた、岡山県出身、号・朝鳴、1899-1982)は、1930年(昭和5)に東京で『白と黒』を創刊、そのあと『版藝術』や『郷土玩具集』、『おもちゃ絵集』など5種類の版画誌を発行した編集者でした。また自らも、生活に密着した素朴な風合いの木版画を制作した版画家でもありました。こうした料治の周りには、棟方や谷中などきわめて個性的な版画家が集まり、豊かな文化サロンが形成されました。

本展では、料治の活動と趣味を、料治とその仲間たちの版画を中心に紹介します。棟方や谷中の活動とその背景が浮き上がり、さらに当時の文化的流行が理解できることと思います。また昭和初期の木版画の素朴な味わいを堪能していただけることでしょう。ぜひご高覧下さい。

• 関連催事
1)ギャラリー・トーク・スペシャル
館長・村田哲朗が語る「料治熊太と仲間たち」
7月14日(土)14:00
場所:展覧会会場 *観覧券が必要です。

2)学芸員によるギャラリートーク
7月8日、15日、22日、29日 いずれも日曜日
いずれも14:00~ 40分程度 *観覧券が必要です。

3)美術館で語りあおう トーク・フリー・タイム
会期中の無料日(6/30)を除く水曜・土曜
10:00~13:00

AD

スケジュール

2007年6月30日(土)~2007年8月5日(日)

会場の開館情報

10:0017:00
土曜日は17:30まで、日曜日は17:30まで、祝祭日は17:30まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館
入場料一般400円、大学・高校生200円、65才以上200円、中学生以下は無料、展覧会初日は入場無料。
会場町田市立国際版画美術館
http://hanga-museum.jp/
住所〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1
アクセスJR横浜線町田駅ターミナル口より徒歩12分、小田急線町田駅東口より徒歩15分、小田急線町田駅西口より神奈川中央交通バス「高ヶ坂センター前」より徒歩7分
電話番号042-726-2771

AD

AD