TAB Talks #16 Featuring Yokohama Vol.3 「横浜プレゼンテーション・ナイト」

Izakaya dharma Cafe (旧ゴタンダソニック)
終了しました

アーティスト

青山悟 + 伊藤悠(THE ECHO)、黄金町バザール、急な坂スタジオ、フランシス真吾(Hach Art)
今秋大注目の国際展「横浜トリエンナーレ2008」の開催に合わせて、全3回のTAB TALKSを開催いたします! シリーズ最終回となるVol.3では、舞台を横浜からいつもの五反田へと戻して、都内でお仕事帰りの方にも気軽にご参加いただけるようにいたしました。

前半では、TABlogライター陣による世界で最も早い(!?)「横浜トリエンナーレ2008」のフォトレポートをお届けします。3つのメイン会場と、市内に点在するサテライト会場の雰囲気を写真でお伝えしながら、この大規模な国際展の観覧ポイントをご紹介します。また、オープニング期間に行われたパフォーマンスイベントの様子もお伝えできるでしょう。

後半では、「横浜トリエンナーレ2008」会期中に横浜で展覧会やイベントを開催する関係者を招いてプレゼンテーションを行っていただきます。 

「横浜トリエンナーレ2008」を機に横浜へ訪れる方にとっては、見逃せない情報が満載の内容となる予定です。

トークは約2時間を予定しており、バイリンガルで進行されます。終了後には「30-second Pitch」が設けられます。観客の中から30秒枠で自分の作品や関わっているプロジェクトを発表する場です。ご希望の方は入場時に受付にてお申し出ください。その後はラウンジスタイルのレセプションになりますので、ドリンクとともにゲストや横浜のアート+デザインコミュニティとのおしゃべりをお楽しみください。

[ゲストプロフィール]

-青山悟 + 伊藤悠(THE ECHO)
作家が発起人となり、志を共にする20数名の若手が参加する現代アート展。現代日本のアートに対する議論と挑戦が掲げられている。会期=9月13日(土)~10月5日(日)、会場=ZAIM別館3F・4F、URL=http://www.the-echo.jp/

-黄金町バザール
かつては違法な特殊飲食店が軒を連ねていたエリアにアートスタジオを開設し、アーティストをはじめとした様々な領域の活動家により、街へ新たな活力を与えることを目的としたプログラム。会期=9月11日(木)~11月30日(日)、会場=京浜急行「日ノ出町駅」と「黄金町駅」の間の高架下新設スタジオ、大岡川駅、周辺店舗、他、URL=http://www.koganecho.net/

-急な坂スタジオ
舞台芸術を主な対象としたスタジオやコミュニティルームを備える創造活動の拠点。アルゼンチンのアーティスト、マリアーノ・ペンソッティ(劇作家・演出家)を招聘し、「ラ・マレア 横浜」を街頭で上演する。日程=10月3日(金)・4日(土)・5日(日)[予定]、会場=横浜・吉田町、URL=http://kyunasaka.jp/

-フランシス真吾(Hach Art)
横浜市による創造活動拠点であるZAIMを中心として展覧会企画などの活動を行う団体。「Happy Hour」(2006年)、「Yokohama Boogie」(2007年)に引き続き、この秋は「RED」展を開催する。会期=10月11日(土)~11月2日(日)、会場=ZAIM、URL=http://hatchart.jugem.jp/

スケジュール

2008年9月16日(火)~2008年9月16日(火)

開館情報

休館日
イベントにより異なる
備考
開場 20:00、トーク 20:30〜22:30、ラウンジ 22:30〜23:30
入場料一般 1000円、学生 800円
会場Izakaya dharma Cafe (旧ゴタンダソニック)
住所〒141-0031 東京都 品川区西五反田3-8-3 町原ビル1F
アクセスJR山手線・東急池上線五反田駅西口より徒歩8分、東急目黒線不動前駅より徒歩6分