ピエール=ミシェル・マンジェ講演会 「アーティストは多すぎるか」

アンスティチュ・フランセ東京
終了しました

アーティスト

ピエール=ミシェル・マンジェ
芸術的職業の分析はひとつの謎を出現させる。つまり、似通った教育レベル、社会で募集されているさまざまな職業に比べて、アーティストの所得は平均して低いのに、その数は労働人口の増加に比べてより高いぺースで増加しており、このキャリアを放棄する者は、彼らの経済的状況の調査が予測させるものよりは少ない。
芸術の歴史は、アーティストの過剰についての数多くの分析の実例を提供している。芸術的な競争、そして作品や斬新さを取り巻く曖昧さに結びついているメカニズムの問題なのだろうか。
ヒットチャート、文学賞、各種大賞、高値の記録といった『名声のためのトーナメント』に由来するランク付けや、絶え間ない比較を通してマーケットのシステムはアーテストの才能の格差を拡大し、強調していると考えるべきなのだろうか。また、その他の交流形態の拡大、文化財の商業化(インターネットでの販売、P2Pによる交流、直接的な入手によるアーティストや作品への広い知識)の拡大で、おおっぴらに競争することなく多様な人々をつかむことができるアーテスト達がより多くなるだろうと考えるべきなのだろうか。アーティストの過剰によるこのアンバランスについての様々な説明を検討し、美術における成功の不平等は比較可能な職業の世界よりも多く見られるのは何故なのか、また何故それが許されているのかを吟味する。

AD

スケジュール

2008年6月9日(月)~2008年6月9日(月)

開館情報

時間
09:3020:00
月曜日は12:00から
土曜日は19:00まで
日曜日は18:00まで
休館日
祝日
入場料無料
展覧会URLhttp://www.institut.jp/agenda/evenement.php?evt_id=984
会場アンスティチュ・フランセ東京
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/
住所〒162-8415 東京都新宿区市ヶ谷船河原町15
アクセスJR総武線飯田橋駅西口より徒歩7分、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線飯田橋駅B3出口より徒歩7分、都営大江戸線牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分
電話番号03-5206-2500

AD