ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー 展

メゾンエルメス
終了しました

アーティスト

ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー
2009年度最初の展覧会では、人間のあらゆる知覚を呼び覚まし、別の場所、時間、思考へと誘うような、ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラー、二人のアーティストによる作品を展示します。

ジャネット・カーディフ(1957 年生まれ)とジョージ・ビュレス・ミラー(1960 年生まれ)はカナダ人アーティスト。現在カナダのブリティッシュコロンビア州グリンドロッドと、ドイツのベルリンを拠点として活躍しています。今回の展覧会では、彼らの代表的な2作品を展示します。

「The Forty-Part Motet 40 声のモテット」(2001 年制作)は、40のパートから成る楽曲のサウンド・インスタレーションです。会場に並べられた40個のスピーカーひとつひとつから、各パートを受け持つ歌い手の声が発せられ、観客は、それぞれの歌い手の間を自由に歩き回るような体験ができます。楽曲の進行とともに音は融合し、やがて空間に反響するひとつの歌声となるとき、我々は目の前のスピーカーが音を発しているという単純な視覚的事実から解放されていきます。アメリカやヨーロッパをはじめとする、どの会場でも、音がその場所の特性を投影し共鳴させる本作品、今回、日本では初めての公開となります。

「Night Canoeing ナイト・カヌーイング」(2004 年制作)は、一筋の光も入り込まないブラックボックスの中で映像を見る作品です。夜の闇の中、懐中電灯の灯りひとつで下る川の様子は、水の音やささやく声とともに周囲の気配を伺うかのように我々の感覚を際立たせてゆきます。カヌーに同乗しているような親密さと我々が暗闇から声をひそめて覗き見をしているような不思議な緊張感を同時に感じることでしょう。一見無機質な装置が呼び起こす、エモーショナルな世界。見るものの知覚を揺さぶる彼らの表現は、フォーラムの空間を通常の視覚というリアリズムから解放する機会となるでしょう。

画像: 「ナイト・カヌーイング」(video still) (2004) Mixed media installation]

AD

スケジュール

2009年2月24日(火)~2009年5月17日(日)

月〜土11:00-20:00 (最終入場19:30) 日11:00-19:00 (最終入場18:30), 3月18日(水)休み

会場の開館情報

11:0020:00
日曜日は19:00まで
入場料無料
会場メゾンエルメス
https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/
住所〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-1
アクセス東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅B7出口直結、JR山手線・京浜東北線有楽町駅日比谷口より徒歩7分
電話番号03-3569-3611

AD

AD