アラン・フレシェール「新しい映像」

アンスティチュ・フランセ東京
終了しました

アーティスト

アラン・フレシェール
フランス人アーティスト、アラン・フレシェールはシネアスト、作家、写真家、造形芸術家でもあり、ル・フレノア国立現代芸術スタジオの創立者、ディレクターです。

この展示は写真とインスタレーションからそれぞれ選んだ作品で構成されます。それらは投影や反映、静止画による時間と運動の記録、スクリーンに投影された一般的な動画の転用などに関わっており、どれもが私の主要な時期の仕事と探求を明らかにしてくれます。古典的な小さいフォーマットのモノクロ写真シリーズもあれば(「銀食器と、その他の反映、「銀紙」、「仮面の下の自画像」、「フレーム=鏡」など)、非常に大きなフォーマットのカラー写真もあります。なかでも「ハッピー・デイズ」シリーズは私の写真作品の中心です。また暗い部屋でヴィデオを投射するインスタレーション作品は、初期のものは70年代末まで遡りますが(「風とともに去りぬ」)、それらは後に《展示の映画》と呼ばれた作品群です。また一方で、動いている鏡に写真投影する装置を使ったインスタレーション(「砕氷船の旅」)によって、静止画と動画の中間地点が探求されるでしょう。

AD

スケジュール

2010年3月6日(土)~2010年3月31日(水)

開館情報

時間
09:3020:00
月曜日は12:00から
土曜日は19:00まで
日曜日は18:00まで
休館日
祝日
入場料無料
展覧会URLhttp://www.institut.jp/ja/evenements/9547
会場アンスティチュ・フランセ東京
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/
住所〒162-8415 東京都新宿区市ヶ谷船河原町15
アクセスJR総武線飯田橋駅西口より徒歩7分、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線飯田橋駅B3出口より徒歩7分、都営大江戸線牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分
電話番号03-5206-2500

AD