「マネとモダン・パリ」展

三菱一号館美術館
終了しました

アーティスト

エドゥアール・マネ
エドゥアール・マネ(1832-1883)は、後に「印象派」となる画家たちだけでなく、後世の芸術家たちに決定的な影響を与えた、近代絵画史上最も重要な画家のひとりです。日本でもよく知られ、深く愛されている画家ですが、その作品を国内で見る機会は非常に限られています。今年4月に東京・丸の内にオープンする三菱一号館美術館の開館記念展となる本展は、マネの芸術の全貌を、当時のパリが都市として変貌していく様子と結びつけながら、代表的作品により展覧しようとするもので、マネの油彩、素描、版画80点余が出品されます。また、同時代の作家たちの油彩、建築素描、彫刻、写真など約80点もあわせて展示し、マネが生きたパリの芸術的な背景も紹介します。日本でマネの作品をまとまった形で見ることができる貴重な機会です。どうぞ、ご期待ください。

[画像:「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」(1872年) 油彩・カンヴァス 55×38cm オルセー美術館蔵]

AD

スケジュール

2010.04.06(火)~2010.07.25(日)

会場の開館情報

10:00 ~ 18:00
月曜休館
祝日・振替休日・展覧会会期中最終週の場合は開館、年末・元旦・展示替え期間休館 ※臨時の開館・休館の場合あり。金曜・第2水曜・会期最終週平日は21:00まで ※入館は閉館の30分前まで※臨時の時間変更の場合あり。最新の開館情報は美術館サイトをご確認ください。
入場料一般 1500円、高校・大学生 1000円、小・中学生 500円
展覧会URLhttp://mimt.jp/manet/index.html
会場三菱一号館美術館
https://mimt.jp/
住所〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
アクセス東京メトロ千代田線二重橋前駅1番出口より徒歩3分、JR東京駅丸の内南口・JR有楽町駅国際フォーラム口より徒歩5分

AD

AD