「メタボリズムの未来都市展」 展

森美術館
終了しました

アーティスト

栄久庵憲司、菊竹清訓、槇文彦、レム・コールハース、 御厨貴
「メタボリズム」は 1960年代に活発に展開され、今なお、世界で最も知られる日本発の建築運動です。生物学用語で「 新陳代謝 」を意味し、生き物 が環境にすばやく適応しながら次々と姿を変え増殖してゆくように、建築や都市も有機的にデザインされるべきであるという理念に基づいています。代表的な計画に東京湾を横断して伸びてゆく海上都市、高く延びるビル群を空中回廊でつないだ都市などがあります。

「メタボリズム」運動は、第二次世界大戦で荒廃した日本が復興、高度経済成長期へと移行した時代に 展開されました。建築家たちは、理想の都市論を熱く語り、新しい時代の生活とコミュニティをつくろうという思いから、数多くの実験的な建築や都市を計画しました。「メタボリズム」には、日本が困難に直面している今だからこそ知りたい建築や都市のヒントが詰まっています。本展はこの思想と運動を世界で初めて総合的に紹介し、建築や都市の未来を再検証する展覧会です。

本展は4つのセクションと、特設のメタボリズム・ラウンジで展開します。

Section 1: メタボリズムの誕生
Section 2: メタボリズムの時代
Section 3: 空間から環境へ
Section 4: グローバル・メタボリズム
これからの都市モデルを発信する、メタボリズム・ラウンジ

AD

スケジュール

2011年9月17日(土)~2012年1月15日(日)

開館情報

時間
10:0022:00
火曜日は17:00まで
備考
火曜日は10:00から17:00まで開館。会期中無休
入場料一般 1500円、大高生 1000円、子供(4歳-中学生) 500円
展覧会URLhttp://www.mori.art.museum/contents/metabolism/index.html
会場森美術館
https://www.mori.art.museum/
住所東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口より徒歩3分(コンコースにて直結)、都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩6分、JR渋谷駅より都営バス「六本木ヒルズ」下車すぐ
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)

AD