泉孝昭 「日常の虜」

TARO NASU
終了しました

アーティスト

泉孝昭
泉孝昭は 1975 年、福岡生まれ。現在は名古屋にて制作活動。近年では「変成態―リアルな現代の物質性 vol.3 『のようなもの』の生成」(αM ギャラリー)「あいちトリエンナーレ 2010」に参加し、貨物運搬用パレットの木材を用いたインスタレーションを発表いたしました。

泉は素材としての日常的な「モノ」が何がしかの意味を託された「作品」に変化していく、その変貌の過程・瞬間を視覚化するというコンセプトで、一貫して制作を続けています。理論や概念とは別次元で確かに存在する(あるいは存在してしまう)創作行為のよろこび。日々の中で無意識的に発生するそれをすくいあげ、呈示する泉の作品は「表現すること」そのものに対しての問いを誘発します。

また泉の作品は 1950-60 年代の具体美術やもの派への、ゆるやかな再解釈としての側面もあわせもちます。先人が壮大かつ重々しく表現したそれは、軽やかに、偶然のようなジェスチャーをもって表現されます。欧米の現代美術が掲げてきたミニマリズムやコンセプチュアリスムの概念と、日本的な「余白」や「間」の融合は、欧米のアート関係者から注目され Zabludowicz Collection(イギリス、ロンドン)へも複数の作品が所蔵されています。

本展覧会ではサイコロやトランプ、風船や偽物のツリーなど、日常的に目にする素材を用いた新作5点を展示の予定です。

[画像:「よい知らせ、悪い知らせ」, 2011, playing cards, dimensions variable]

AD

スケジュール

2011.04.01(金)~2011.04.28(木)

会場の開館情報

11:00 ~ 19:00
月曜,日曜,祝日休館

オープニングパーティー 2011年4月1日 18:00 から 20:00 まで

入場料無料
会場TARO NASU
http://www.taronasugallery.com/
住所〒106-0032 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル4F
アクセス東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅1b出口より徒歩2分、東京メトロ千代田線乃木坂駅3番出口より徒歩12分、東京メトロ南北線・都営大江戸線麻布十番駅7番出口より徒歩13分
電話番号03-5786-6900

AD

AD