「20世紀のモネとルノワール - 次世代の画家たちとの対話」セミナー

アンスティチュ・フランセ東京
終了しました
19世紀のフランス絵画に革新をもたらすも、グループとしての活動は短命に終わった印象派。その代表的な画家、クロード・モネとピエール・オーギュスト・ルノワールは、次世代の前衛的な動向が現われる1900年以降、どのような位置を占めていたのか。「印象派の行方 -モネ、ルノワールと次世代の画家たち」展を開催中のポーラ美術館から、同展担当学芸員の島本英明氏を講師に迎え、ピエール・ボナールやアンリ・マティス、パブロ・ピカソらとの様々な対話を通じて、1900年以降のモネとルノワールの芸術の様相を明らかにします。異なる世代間に生まれた知られざる交歓とあわせ、晩年もなお衰えることのなかった印象派の巨匠たちの創作をめぐる秘密をぜひお楽しみください。

*ご来場いただいた方1名につき、企画展「印象派の行方 -モネ、ルノワールと次世代の画家たち」の招待券1枚を差し上げます。

*当イベントは日本語のみとなります。

AD

スケジュール

2012年4月16日(月)~2012年4月16日(月)

開館情報

時間
09:3020:00
月曜日は12:00から
土曜日は19:00まで
日曜日は18:00まで
休館日
祝日
入場料無料
展覧会URLhttp://www.institut.jp/ja/evenements/11702
会場アンスティチュ・フランセ東京
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/
住所〒162-8415 東京都新宿区市ヶ谷船河原町15
アクセスJR総武線飯田橋駅西口より徒歩7分、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線飯田橋駅B3出口より徒歩7分、都営大江戸線牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分
電話番号03-5206-2500

AD