「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁気」

サントリー美術館
終了しました
17世紀初頭、佐賀県の有田一帯で作られた日本で最初の磁器は、伊万里港から日本全国に流通し「伊万里」と呼ばれました。伊万里は、17世紀中頃からオランダ東インド会社によって世界各地にも輸出されます。特にヨーロッパでは、高級実用品としてのみならず、宮殿や邸宅を彩る室内装飾として、王侯貴族の一つのステータスシンボルになっていました。本展では、日本初公開となる大阪市立東洋陶磁美術館所蔵の輸出伊万里を中心に約190作品をご紹介します。

AD

スケジュール

2014.01.15(水)~2014.03.16(日)

2月10日(月)は20時まで開館

会場の開館情報

10:00 ~ 18:00
火曜休館
展示替期間・年末年始休館 ※展覧会により異なる場合があります
入場料一般 1300円、大学・高校生 1000円、中学生以下無料
展覧会URLhttp://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_1/?fromid=topmv
会場サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/
住所〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア 3F
アクセス都営大江戸線六本木駅8番出口より直結、東京メトロ日比谷線六本木駅直結、東京メトロ千代田線乃木坂駅3番出口より徒歩約3分
電話番号03-3479-8600

AD

AD