「アトリエの末裔あるいは未来」展

旧平櫛田中邸
終了しました
「アトリエの末裔あるいは未来」展は、東京藝術大学美術学部彫刻科木彫研究室で日々制作を行う教員、大学院生、研究生が、平櫛田中が生前アトリエとして住まわれた空間(旧平櫛田中邸)で作品を発表する展覧会です。 平櫛田中の木彫を中心とした創作活動は、西洋彫刻の思想が大きな流れとなった時代に独自の表現を模索しました。このことは多様な表現が混在し、自己の表現基軸として何を見い出す かを模索する現代の私たちにとって大きな示唆を含んでいます。 第9回目となる今回は、平櫛田中が生前東京藝術大学に寄贈された、自己の作品を含めた 150点余りのコレクション(平櫛田中コレクション)の中から私たちがそれぞれ作品を一点選び、実際に鑑賞し、その経験から着想を得て各人が創作しています。作品から直に得られた感覚は、 方法論としての引用、流用とは違った形で過去と現在、そして未来をつなぐ作品を生み出す原動力となり、私たちを突き動かしています。
出展作家: 深井隆、森淳一、山口桂志郎、小俣英彦、 田中圭介、高見直宏、海谷慶、浅野井春奈と大学院生(博士、修士)11名、合わせて19 名

スケジュール

2014年11月21日(金)〜2014年11月30日(日)

開館情報

休館日
イベントにより異なる
備考
開場時間: 10:00〜17:00
入場料無料
会場旧平櫛田中邸
http://taireki.com/hirakushi/index.html
住所〒110-0002 東京都台東区上野桜木2-20-3
アクセスJR山手線・京浜東北線鶯谷駅北口より徒歩8分、東京メトロ千代田線根津駅1番出口より徒歩12分
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します