[画像: 榎忠 「薬莢 Cartridge」 真鍮 撮影:豊永政史 (SANDWICH GRAPHIC) © Chu Enoki]

「つらなるかたち」展

清津倉庫美術館
終了しました

アーティスト

榎忠、冨井大裕、金氏徹平、袴田京太朗、磯辺行久
第2回となる本展では「日常的な素材を選ぶことと、それに手を加える行為」をテーマとし、鉄くずや画びょう、フィギア、ホース、お面など日用品をモチーフにする各世代のアーティストが集結。国際的にも、あるいは時代が変わっても日常のなかから物を選び素材として使うアーティストはいますが、素材の選び方、それを使っていかにしてアート作るか、という観点から見ると、日本のアーティストならでは視座や時代が異なっても共通する方向性が見えてくるのではないでしょうか。

スケジュール

2016年4月29日(金)〜2016年5月8日(日)

開館情報

休館日
イベントにより異なる
入場料一般 500円、中学生・小学生 250円
展覧会URLhttp://kiyotsu.com/exhibition/archive/2016_04/2996.html
会場清津倉庫美術館
https://echigo-soko.jp/
住所〒949-8435 新潟県十日町市角間未1528-2
アクセスJR上越新幹線・JR上越線越後湯沢駅東口よりバス(森宮野原駅前行き、4番線)「清津峡入口」下車徒歩5分
電話番号025-761-7767
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します