「建築の日本展: その遺伝子のもたらすもの」

森美術館
終了しました

アーティスト

千利休、丹下健三、ライゾマティクス・アーキテクチャー、剣持勇、長大作
隈研吾、谷口吉生、妹島和世など多くの日本人建築家が世界で活躍してきました。その裏側には、彼らの建築には木造文化や侘び寂びなど、日本特有の建築表現や思想があるからではないでしょうか。本展では9つのセクションで古代から現代まで日本の建築を読み解きます。見所は原寸で再現された千利休作の茶室「待庵」。また丹下健三の自邸を1/3スケールで再現した巨大模型も登場します。ライゾマティクス・アーキテクチャーは、「中銀カプセルタワー」ほか日本建築のスケールをレーザーファイバーで再現する新作映像インスタレーションを展示します。

AD

スケジュール

2018.04.25(水)~2018.09.17(月)

会期中無休。 火曜日のみ17:00まで

会場の開館情報

10:00 ~ 20:00
入場料一般 1800円、大学・高校生 1200円、中学生-4歳 600円、65歳以上 1500円
展覧会URLhttps://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/japaninarchitecture/index.html
会場森美術館
https://www.mori.art.museum/
住所東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口より徒歩3分(コンコースにて直結)、都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩6分、JR渋谷駅より都営バス「六本木ヒルズ」下車すぐ
電話番号050-5541-8600

AD

AD