[画像: 観音塚古墳出土 太刀形埴輪 古墳時代 江戸東京たてもの園 所蔵]

「ひきつがれる都市の記憶―江戸東京3万年史」

江戸東京博物館
12月5日終了
今日の東京は何千年、何万年という歴史のなかでつくりあげられたものです。人類がこの地で生活していた痕跡が見つかっている旧石器時代は、3万年以上前までさかのぼります。想像するにはあまりに長い年月ですが、かつての人々の暮らしぶりや社会の様相は、都市開発の過程で発見された遺跡や、人から人へ引き継がれてきた貴重な資料によって明らかにされてきました。

江戸東京博物館は1993年(平成5)に開館して以来、江戸東京の歴史と文化を伝えてきましたが、2022年(令和4)4月から大規模改修工事に入ります。休館を前に、旧石器時代から現代まで、私たちが暮らすこの都市が歩んできた歴史をふりかえります。

AD

スケジュール

2021.09.18(土)~2021.12.05(日)

9月20日は開館、9月21日は休館

会場の開館情報

09:30 ~ 17:30
月曜休館
月曜日祝日の場合は開館し翌日火曜日休館。両国国技館で大相撲本場所開催中は開館、年末年始休館
入場料一般 600円、大学生480円、65歳以上・高校生・中学生 300円、都内在住の中学生・小学生以下・障害者手帳提示と付き添い2名 無料
会場江戸東京博物館
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
住所〒130-0015 東京都墨田区横網1−4−1
アクセスJR総武線両国駅西口より徒歩3分、都営大江戸線両国駅A3・A4出口より徒歩1分
電話番号03-3626-9974

AD

AD