[画像: 左: 大沢昌助《類推(青)》1981年、右: 建畠覚造《杜・対話 6》1999年]

「ミュージアム コレクションⅡ それぞれのふたり 大沢昌助と建畠覚造」

世田谷美術館
終了しました

アーティスト

大沢昌助、建畠覚造
洋画家・大沢昌助 (1903–1997)と彫刻家・建畠覚造 (1919–2006)。分野は違いますが、ともに写実的な具象から出発し、新しい表現を求め抽象へと展開した芸術家でした。それぞれ独自の抽象世界を切り拓いた二人の作品をご紹介します。

AD

スケジュール

2021.09.11(土)~2021.11.21(日)

9月20日は開館、9月21日は休館

会場の開館情報

10:00 ~ 18:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館
入場料一般 200円、大学生・高校生 150円、小学生・中学生・65歳以上 100円
展覧会URLhttps://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/collection/detail.php?id=col00111
会場世田谷美術館
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
住所〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
アクセス東急田園都市線用賀駅北口より東急バス「美術館」下車徒歩3分、東横東横線・東急目黒線田園調布駅東口より東急バス「美術館入口」下車徒歩5分、小田急小田原線千歳船橋駅南口より東急バス32分「美術館入口」下車徒歩5分、東急田園都市線用賀駅南口より徒歩17分
電話番号03-3415-6011

AD

AD