「皇室と宮崎 ~宮内庁三の丸尚蔵館収蔵作品から~」

宮崎県立美術館
12月5日終了
宮内庁三の丸尚蔵館は、皇居東御苑内において、皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品、皇室からの御寄贈、御遺贈品など約9,800点の美術品等を収蔵管理し、公開している施設です。その収蔵品の中から、国文祭・芸文祭を契機に開催する全国初の展覧会として、皇室と各地域が何かしらの縁で結ばれてきたことに注目し、それぞれの地域から皇室に献上された品々、その地域出身あるいは活動した作家の品々など、優美な皇室御慶事の品々や宮崎県ゆかりの作品などを特別展示いたします。

本展では、宮内庁三の丸尚蔵館が所有する、和田英作や横山大観ら、人格・技術ともに優れた美術工芸家として任命された帝室技芸員による美術品、日本画家・野田九浦による、秩父宮殿下が宮崎県内各地を巡られた様子を描いた絵巻、近代皇室の御慶事に際し伝統的な工芸技術により製作されたボンボニエール※など、貴重な美術工芸品を鑑賞できる希少な機会です。約30点の収蔵品を前・後期日程で入れ替えて紹介いたします。皇室により守られてきた日本の美術工芸品の粋をお楽しみください。
※ボンボニエール:ボンボンのような砂糖菓子を入れる容器を表すフランス語で、日本の皇室が「お遣い物」にされてきた小さなギフト・ボックスのこと。
前期 10月9日-11月3日
後期 11月5日-12月5日

AD

スケジュール

2021.10.09(土)~2021.12.05(日)

11月4日・24日は休館

会場の開館情報

10:00 ~ 18:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館、祝日は開館し翌日休館(翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその土曜日・日曜日・祝日も開館)
入場料無料
会場宮崎県立美術館
https://www.miyazaki-archive.jp/bijutsu/
住所〒880-0031 宮崎県宮崎市船塚3-210
アクセスJR日豊本線宮崎神宮駅より徒歩20分、JR日豊本線宮崎駅西口より宮崎交通バス(「古賀総合病院」「綾」「酒泉の杜」行き)「文化公園前」下車徒歩4分
電話番号0985-20-3792

AD

AD