[画像: 国宝 聖徳太子及および天台高僧像 十幅 最澄 平安時代・11世紀 兵庫・一乗寺蔵]

「最澄と天台宗のすべて」

東京国立博物館
終了しました
2021年は、平安時代のはじめに仏教界に新風をもたらした伝教大師最澄(767-822)の1200年の大遠忌にあたります。最澄は「悟りに至る道はすべての人に開かれている」という平等思想を説いた『法華経』に心惹かれ、この教えをいしずえとする天台宗を日本でひろめました。東には琵琶湖を、西には京の都を見下ろす比叡山に、最澄が創建した延暦寺えんりゃくじは、日本史上、多くの高僧を輩出し、彼らが説いた多様な教えは日本文化に大きな影響を及ぼしてきました。

AD

スケジュール

2021.10.12(火)~2021.11.21(日)

会場の開館情報

09:30 ~ 17:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館 ※その他臨時休館あり
入場料一般 2200円、大学生 1400円、高校生 1000円、中学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
展覧会URLhttps://tsumugu.yomiuri.co.jp/saicho2021-2022/
会場東京国立博物館
https://www.tnm.jp/
住所〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
アクセスJR上野駅公園口より徒歩10分、京成線京成上野駅正面口より徒歩13分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅7番出口より15分
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)

AD

AD