「開館20周年記念 動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり」

府中市美術館
終了しました
アプリで割引あり

アーティスト

円山応挙、伊藤若冲、尾形光琳、長谷川潾二郎、俵屋宗達、長沢蘆雪、上田公長、ギュスターヴ・モロー、ポール・ゴーギャン
古くから、人々は動物の絵を描いてきました。美しい造形、ふしぎな生態、かわいらしさ……人とはちがう命のあり方に心ひかれ、それを形にしようしてきたのです。中でも、日本は動物の絵の宝庫。かわいい、面白い、美しい……理屈抜きに楽しめる作品が山ほどあります。本展では、西洋の絵とも比べることで、この土壌を育んだ背景や歴史を探ります。

前期:9月18日(土曜日)から10月24日(日曜日)まで
後期:10月26日(火曜日)から11月28日(日曜日)まで

AD

スケジュール

2021.09.18(土)~2021.11.28(日)

9月20日は開館、9月21日は休館

会場の開館情報

10:00 ~ 17:00
月曜,祝日休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、展示替期間・年末年始休館
入場料一般 1000円、大学生・高校生 500円、中学生・小学生 200円、未就学児・障害者手帳提示 無料
ミューぽん

200円OFF / 20%割引 / 2名様まで割引 / 一般と学生に適用。他の割引と併用不可

このイベントはアプリのTOKYO ART BEATで割引クーポンが使えます

有料会員限定

詳細はこちら
展覧会URLhttp://fam-exhibition.com/doubutsu/
会場府中市美術館
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
住所〒183‐0001 東京都府中市浅間町1-3
アクセス京王線東府中駅北口より徒歩15分、JR中央線武蔵小金井駅南口より京王バス(府中駅行き)「一本木」下車
電話番号03-5777-8600

AD

AD