[画像: 七夕花扇使図 原在明画 陽明文庫蔵]

「近衛家 王朝のみやび 陽明文庫の名宝11」

京都府京都文化博物館
終了しました
京都市右京区に所在する公益財団法人陽明文庫には、平安時代以来の貴重な歴史資料が数多く収蔵されています。陽明文庫は、摂政・関白という朝廷の最高官職に就いた藤原氏五摂家の一つ、近衞家の御蔵を継承した機関で、平安時代から幕末にいたるまでの公家資料の一大宝庫です。

陽明文庫には、わが国の歴史を考える上で欠くことのできない古記録が多数受け継がれていますが、そのなかで最も重要なものの一つが、平安時代に栄華を極めた藤原道長の日記「御堂関白記」です。「御堂関白記」には、当時の社会情勢のみならず、道長が参加した祭礼に関する記録も多く収められています。また、道長に続く歴代当主も、様々な行事の様子をその日記に書き留めています。今回の展示では、陽明文庫に伝わるこれらの古記録に導かれつつ、賀茂祭の盛儀を描く「賀茂祭絵巻」や、近衞家が崇敬した南都の社寺にまつわる作品などを通して、公家社会を取り巻く祭礼と行事の、その風雅な世界の一端に迫ります。
本展が王朝文化の精髄に触れていただく機会となれば幸いです。

<前期> 9月25日(土)ー10月24日(日)
<後期>10月26日(火) ー11月21日(日)

AD

スケジュール

2021.09.25(土)~2021.11.21(日)

会場の開館情報

10:00 ~ 19:30
月曜休館
特別展期間中は18:00まで、特別展期間中の金曜日は19:30まで
入場料一般 500円、大学生 400円、高校生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
展覧会URLhttps://www.bunpaku.or.jp/exhi_shibun_post/konoeke-ochonomiyabi/
会場京都府京都文化博物館
https://www.bunpaku.or.jp/
住所〒604-8183 京都府京都市中京区東片町623-1
アクセス地下鉄烏丸線烏丸御池駅5番出口より徒歩3分、阪急線烏丸駅16番出口より徒歩7分、京阪線三条駅6番出口より徒歩15分
電話番号075-222-0888

AD

AD