[画像: フラ・アンジェリコ(本名 グイド・ディ・ピエトロ)《キリストの磔刑》 1420-23年頃、テンペラ/金地、板、63.8×48.3 cm、ニューヨーク、メトロポリタン美術館 Maitland F. Griggs Collection, Bequest of Maitland F. Griggs, 1943 / 43.98.5]
[画像: ラファエロ・サンツィオ(サンティ)《ゲッセマネの祈り》 1504年頃、油彩/板、24.1×28.9 cm、ニューヨーク、メトロポリタン美術館 Funds from various donors, 1932 / 32.130.1]
[画像: ルカス・クラーナハ(父)《パリスの審判》 1528年頃、油彩/板(ブナ)、101.9×71.1cm、ニューヨーク、メトロポリタン美術館 Rogers Fund, 1928 / 28.221]
[画像: カラヴァッジョ(本名 ミケランジェロ・メリージ)《音楽家たち》 1597年、油彩/カンヴァス、92.1×118.4cm、ニューヨーク、メトロポリタン美術館 Rogers Fund, 1952 / 52.81]
[画像: ジョルジュ・ド・ラ・トゥール《女占い師》 おそらく1630年代、油彩/カンヴァス、101.9×123.5cm、ニューヨーク、メトロポリタン美術館 Rogers Fund, 1960 / 60.30]
[画像: エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》 1890年頃、油彩/カンヴァス、82.2 × 75.6 cm、ニューヨーク、メトロポリタン美術館 H. O. Havemeyer Collection, Bequest of Mrs. H. O. Havemeyer, 1929 / 29.100.42]
[画像: ポール・セザンヌ《リンゴと洋ナシのある静物》 1891-92年頃、油彩/カンヴァス、44.8×58.7 cm、ニューヨーク、メトロポリタン美術館 Bequest of Stephen C. Clark, 1960 / 61.101.3]

「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」

国立新美術館
終了しました

アーティスト

フラ・アンジェリコ、ラファエロ・サンツィオ、ルカス・クラーナハ、カラヴァッジョ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール、ヨハネス・フェルメール、フランソワ・ブーシェ、オーギュスト・ルノワール、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、クロード・モネ
1870年に創立されたアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館は、先史時代から現代まで、5000年以上にわたる世界各地の文化遺産を包括的に所蔵しています。
本展では、同館を構成する17部門のうち、ヨーロッパ絵画部門に属する約2500点の所蔵品から、選りすぐられた珠玉の名画65点(うち46点は日本初公開)を展覧します。15世紀の初期ルネサンスの絵画から19世紀のポスト印象派まで、西洋絵画の500年の歴史を彩った巨匠たちの傑作が、一挙来日します。

フラ・アンジェリコ、ラファエロ、クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコから、カラヴァッジョ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール、レンブラント、 フェルメール、ルーベンス、ベラスケス、プッサン、ヴァトー、ブーシェ、そしてゴヤ、ターナー、クールベ、マネ、モネ、ルノワール、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌまで、時代順に3章構成でご紹介します。メトロポリタン美術館が誇る至高の名画を、ぜひご堪能ください。

AD

スケジュール

2022年2月9日(水)~2022年5月30日(月)

開館情報

時間
10:0018:00
金曜日・土曜日は20:00まで
休館日
火曜日
火曜日が祝日の場合は開館し翌日休館
年末年始休館
備考
5月3日は開館
入場料一般 2100円、大学生 1400円、高校生 1000円、中学生以下 無料
展覧会URLhttps://www.nact.jp/exhibition_special/2021/met/
会場国立新美術館
http://www.nact.jp
住所〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
アクセス東京メトロ千代田線乃木坂駅6番出口より直結、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅7番出口より徒歩4分
電話番号03-5777-8600

AD