「ETERNAL Art Space」

パナソニック センター 東京
終了しました
| 事前予約制

アーティスト

ライゾマティクス、Refik Anadol、Sabrina Ratté
※本イベントは日時指定予約制になります。あらかじめご来場前にご希望の時間帯のチケットをご購入ください。詳細は公式ホームページよりご確認ください。
MUTEK.JPは、新たに展開する新感覚のアート体験型イマーシブアートエクスペリエンス「ETERNAL Art Space」を2022年3月12日(土)〜20日(日)の9日間、パナソニックセンター東京 Aスタジオにて開催します。

ETERNALは、2020年2月にMUTEK.JPキュレートのもと、文化庁による「空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業」として、羽田空港国際線ターミナルTIAT HALLで開催したデジタルアートエキシビション。日本の重要文化からインスピレーションを得た、国内のアーティストによる4作品を展示しました。

今回は「ETERNAL Art Space」として、パナソニック株式会社協力のもと、高精細な最先端技術を駆使したプロジェクターを搭載した空間に、国内外のアーティストが手がけるデジタルアート8作品を上映し新しい体験価値を提供します。

また、2021年度アーツカウンシル東京 大規模文化事業助成 採択事業の一環として開催し、アーティストと作品に敬意を払い、 “ETERNAL”を芸術の永続性を新しいデジタル体験として提供することで、持続性ある芸術文化の発展に貢献していきます。

国内からはまず、Rhizomatiksと演出振付家のMIKIKO率いるダンスカンパニーELEVENPLAYの新作「Infinity flow 2022」を発表。ダンサーの身体構造とモーションを幾何学的なアプローチで空間に埋め込み、コンピュテーションが生み出す光とダンスの融合による身体表現の新たな体験を創出した作品です。

そして、東京2020オリンピック閉会式の演出を手がけたことも記憶に新しい画家・中山晃子による、泡に焦点を当てた作品「泡沫の形」の新作を公開。音楽家 / ピアニストの澤渡英一がサウンドを担当しました。

THINK AND SENSE & Intercity-Expressが手がけた、京都両足院副住職 伊藤東凌氏の協力の元、"点"のランドスケープと"うねり"のサウンドスケープにより禅の世界観の一端を表現した作品「Stillness」、そして近日公開予定、絵画の世界に入り込む没入型体験ミュージアムImmersive Museumより、テクノロジーが加わり拡張されたモネの「睡蓮」をテーマにしたシーンの編集作品「IMPRESSIONISM」を初公開します。

そして海外からは、昨年BVLGARIがミラノで展開した3D彫刻のインスタレーションで話題を呼んだことも記憶に新しい、AIを活用し異空間を作り出すトルコ出身のメディアアーティストRefik Anadolの参加が決定。作品詳細は追って発表予定。加えて、北京オリンピック開会式のプロジェクション演出を担当した、中国のデジタルアーティストCao Yuxiと香港のサウンドアーティストLau Hui Kongによるコラボレーション作品「Dimensional Sampling」を日本初公開。

また、カナダ人アーティストSabrina Rattéによる絶滅した植物種の標本が展示された、テクノロジーと有機物の融合から生まれた生態系シミュレーション作品「FLORALIA Ⅱ」を、フランス人アーティストMaotikがArs Electronicaで披露したリアルタイムのデータの波で自然を表現した作品「FLOW」を日本で初上映します。

会場: パナソニックセンター東京 Aスタジオ

スケジュール

2022年3月12日(土)~2022年3月20日(日)

事前予約制

開館情報

時間
10:0018:00
休館日
月曜日
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
備考
開場時間 11:00〜21:00 ※1日7回上映(1回40名限定)、詳細は公式ホームページよりご確認ください
入場料一般 2000円、大学生・高校生 1500円、中学生以下 無料
展覧会URLhttps://eternalart.space/
会場パナソニック センター 東京
https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-tokyo.html
住所〒135-0063 東京都江東区有明2-5-18
アクセスりんかい線国際展示場駅より徒歩2分、ゆりかもめ有明駅より徒歩3分
電話番号03-3599-2600