[画像: 山本捷平 《Calcite on Myth - Adonis statue - 》2022年、アクリル・方解石/パネル、1167×910 mm]
[画像: 山本捷平 《Calcite on Myth - Prometheus statue - 》2022年、アクリル・方解石/パネル、1600×1300 mm]
[画像: 山本捷平 《Calcite on Myth - Sleeping Adonis - 》2022年、アクリル・方解石/パネル、1620×1300 mm]
[画像: 山本捷平 《Calcite on Myth - Venus statue - 》2022年、アクリル・方解石/パネル、1600×1300 mm]

山本捷平 「Calcite on Myth: Myth」

Ritsuki Fujisaki Gallery
終了しました

アーティスト

山本捷平
Ritsuki Fujisaki Galleryでは、2022年3月11日 (金)より4月3日(日)まで、山本捷平(やまもと・しょうへい)の「Calcite on Myth: Myth」を開催いたします。
本展では作家の最新シリーズ「Calcite on Myth」の中心となる「Myth」から「Prometheus」「Venus and Adonis」「Irene」ほかを展示します。「Calcite on Myth」シリーズは、神話的モチーフの彫像の写真データを複写した平面の上に、方解石(calcite)を含ませた絵の具をローラーで反復させるものです。
山本捷平の最新シリーズとなる『Calcite on Myth』は、これまでの山本作品で地図の「地」と「図」がいわば反転したかのような構造になっています。既存の図像や記号は過去作ではローラーで反復される「図」の位置にありましたが、今回のシリーズでは、オンラインで取得できるレディメイドな彫刻作品の図像がパネルに転写され「地」の側へと後退しています。過去作品では「地」の側にあった抽象的な面が、図像や記号にとって代わるように手前に移動しています。
彫刻作品の姿を覆うように反復される白い絵の具には、方解石(calcite)が混ぜこまれています。彫像の素材や建材としては大理石と呼ばれる鉱物です。絵の具への配合率を変えてテストを繰り返し、本シリーズに見られる独特のザラつきが実現されています。

スケジュール

2022年3月11日(金)~2022年4月3日(日)

開館情報

時間
13:0020:00
休館日
火曜日、水曜日、木曜日
入場料無料
展覧会URLhttp://ritsukifujisakigallery.com/blog/2022/01/19/calcite-on-myth-by-shohei-yamamoto-from-20220311-20220403/
会場Ritsuki Fujisaki Gallery
http://ritsukifujisakigallery.com
住所〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-2-10
アクセス都営浅草線東日本橋駅B3出口より徒歩1分、JR総武線馬喰町駅C1出口より徒歩4分、都営新宿線馬喰横山駅A3出口より徒歩5分
電話番号070-4072-2934