「Veuve Clicquot Solaire Culture - 太陽のように輝く250年の軌跡 - 」

jing
終了しました

アーティスト

草間彌生、イネス・ロンジュヴィアル、シシ・フィリップス、ロージー・マクギネス、オリンピア・ザニョーリ、ペネロープ・バジュー、安野モヨコ、シーラ・ヒックス、タシタ・ディーン、モニーク・フリードマン
MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)の取扱いブランド ヴーヴ・クリコは、1772年の創業以来、ヴーヴ・クリコが築き上げてきた太陽のような輝きを放つソレール カルチャーを表現する世界巡回企画展『Veuve Clicquot Solaire Culture (ヴーヴ・クリコ ソレール カルチャー) ~太陽のように輝く250年の軌跡~』を、2022年6月16日(木)~7月10日(日)の25日間にわたり、jing (ジング/東京都渋谷区)にて、今後巡回予定の世界4か国(アメリカ、オーストラリア、南アフリカ共和国、イギリス)に先駆けて世界初開催いたします。

「ソレール=太陽のように輝くブランド」として、その象徴的な“イエロー″カラーを通し、人々に「夢」「希望」「喜び」に溢れた美しいライフスタイルと体験をお届けするヴーヴ・クリコ。本企画展は、未来を切り拓く勇気と個性、そして革新的精神を持ち、シャンパーニュ地方の「ラ・グランダム(偉大なる女性)」と称えられたマダム・クリコの偉業に敬意を表し、カミーユ・モリノー氏(キュレーター) 、コンスタンス・ギセ氏(空間デザイナー)の指揮のもと、世界各国から集まった大胆かつ革新的な10名の女性アーティストたちが、ヴーヴ・クリコの伝統を現代的に再解釈した作品を展示します。さらに歴史的アーカイブと、ブランドのアイコニックなオブジェの数々、世界中から集められた絵画やイラストレーション、ヴーヴ・クリコを彩る音楽や文学、ポスターやメニュー等のバラエティ豊かな作品の展示によって、ヴーヴ・クリコの文化的軌跡を、過去から現在そして未来に思いを馳せて辿ります。

AD

スケジュール

2022年6月16日(木)~2022年7月10日(日)

開館情報

休館日
イベントにより異なる
備考
開場時間 11:00〜21:00
入場料無料
展覧会URLhttps://www.mhd-veuve-clicquot-solaire-culture-jingtokyo.com/
会場jing
https://jing-tokyo.jp/
住所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-6
アクセス東京メトロ副都心線・千代田線明治神宮前駅1番出口より直結、JR山手線原宿駅東口より徒歩2分

AD