「ABSTRACTION 抽象絵画の覚醒と展開 セザンヌ、フォーヴィスム、キュビスムから現代へ」

アーティゾン美術館
終了しました

アーティスト

ポール・セザンヌ、フランティセック・クプカ、ウィレム・デ・クーニング
19世紀末から第一次世界大戦が勃発するまでの間、フランスが平和と豊かさを享受することが出来たベル・エポックの時代。芸術を生み出す活気と自由な雰囲気にも満ち溢れ、世紀初頭にはフォーヴィスム、キュビスムなどの新しい美術が芽吹いて花咲き、やがて絵画表現の到達点のひとつとして抽象絵画の誕生を導きました。その後抽象絵画は20世紀の美術表現を主導することになりました。この展覧会は、抽象絵画の発生の前後より、戦前戦後のフランス絵画を中心とした興隆の動向、戦後についてはフランスの熱い抽象、抽象表現主義、さらには日本の実験工房や具体など同時多発的に、多様に展開し、次代へとつながった抽象絵画のあゆみを展観します。

スケジュール

2023年6月3日(土)〜2023年8月20日(日)

開館情報

時間
10:0018:00
8月11日を除く金曜日は20:00まで
休館日
月曜日
7月17日は開館
7月18日は休館
入場料[オンラインチケット] 一般 1800円、大学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
[当日チケット] 一般 2000円、大学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
展覧会URLhttps://www.artizon.museum/exhibition/detail/557
会場アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/
住所〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
アクセスJR東京駅八重洲中央口より徒歩5分、東京メトロ銀座線京橋駅6番出口より徒歩5分、東京メトロ銀座線・東西線・都営浅草線日本橋駅B1出口より徒歩5分
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します