[画像: Keiken 《Morphogenic Angels and The Bubble Theory》 2022 © Keiken]

「DXP(デジタル・トランスフォーメーション・プラネット) ―次のインターフェースへ」

金沢21世紀美術館
3月17日終了

アーティスト

Keiken、MANTLE (伊阪柊+中村壮志)、デイヴィッド・オライリー、東京大学 池上高志研究室、シュルティ・ベリアッパ&キラン・クマール、河野富広、アンリアレイジ、HATRA、岸裕真、ジョナサン・ザワダ、GROUP(井上岳、大村高広、 齋藤直紀、棗田久美子、赤塚健)、VUILD、AFROSCOPE
アラートアイコン
金沢21世紀美術館は能登半島地震の影響で、展覧会ゾーンは当面のあいだ休場中です。交流(無料)ゾーンの一部は2月6日より再開します。
デジタルテクノロジーによってこの地球という惑星、そこに住む「私たち」の生き方や感性はどのように変わっていくのでしょうか。20世紀から繰り返されてきたこの問いに対して2023年、いままでとは全く違った惑星の姿が出現しようとしています。人新世とよばれ、見えないネットワークやAIによるコントロールにひたされたこの惑星DXPでは、テクノロジーと生物との関係が日々新たに生成されています。
DXP展は、アーティスト、建築家、科学者、プログラマーなどが領域横断的にこの変容をとらえ、今おこっていることを理解し、それを感じられるものとして展開するインターフェースとなります。注目のテクノロジーであるAI、メタバースやビッグデータで構成される一つのリアリティ、そしてヴィジョンとしてのDXPは衣食住も含めた総合的なライフの可能性を提案します。

スケジュール

開催中

2023年10月7日(土)〜2024年3月17日(日)あと18日

開館情報

時間
10:0018:00
金曜日・土曜日は20:00まで
休館日
月曜日
10月9日、30日、1月8日、2月12日は開場
10月10日、31日、12月29日~1月1日、1月4日、9日、2月13日は休館
入場料一般 1200円、65歳以上 1000円、大学生 800円、高校生・中学生・小学生 400円
※ウェブチケットは料金が異なります
展覧会URLhttps://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45&d=1810
会場金沢21世紀美術館
https://www.kanazawa21.jp/
住所〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1
アクセスJR金沢駅東口よりバス「広坂・21世紀美術館」下車、JR金沢駅東口よりバス「香林坊(アトリオ前)」下車徒歩5分
電話番号076-220-2800
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します