「ガラスの器と静物画 山野アンダーソン陽子と18人の画家」

広島市現代美術館
終了しました

アーティスト

山野アンダーソン陽子、三部正博、石田淳一、伊庭靖子、小笠原美環、木村彩子、クサナギシンペイ、小林且典、田幡浩一、八重樫ゆい、アンナ・ビヤルゲル、アンナ・カムネー、イルヴァ・カールグレン、イェンス・フェンゲ、カール・ハムウド、ニクラス・ホルムグレン、CM・ルンドベリ、マリーア・ノルディン、レベッカ・トレンス
「山野さんのガラス作品を本にしてみたらどうでしょう。」 この一言がきっかけになって、「Glass Tableware in Still Life(静物画のなかのガラス食器)」というプロジェクトがはじまりました。

自身で描いてみたいガラス食器について、画家がガラス作家・山野アンダーソン陽子に言葉で伝える。その言葉に応答して山野がガラスを吹き、出来上がったガラス食器を見ながら画家が絵を描く。その後、写真家・三部正博が画家たちのアトリエを訪れて写真を撮り、デザイナー・須山悠里が本をデザインする。スウェーデンとドイツ、日本を舞台にくり広げられたこのプロジェクトは、そうやって生まれたガラス食器と絵画、写真を多くの人に見てもらえればと、やがて本展へと導かれました。

宙吹きならではのわずかな歪みがうつくしいクリアーガラスの食器、画家たちによる親密な絵画、浮遊感をたたえたモノクロームの写真。それらの物が語りだす声に耳をかたむけ、それぞれのストーリーをつむいでみてください。

スケジュール

2023年11月3日(金)〜2024年1月8日(月)

開館情報

時間
10:0017:00
休館日
月曜日
1月8日は開館
12月27日〜1月1日は休館
入場料一般 1100円、大学生 800円、高校生・65歳以上 550円、中学生以下 無料
11月3日は無料
展覧会URLhttps://www.hiroshima-moca.jp/exhibition/glass_tableware_in_still_life
会場広島市現代美術館
https://www.hiroshima-moca.jp/
住所〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-1
アクセスJR広島駅より市電5号線「比治山下」駅下車徒歩11分(約500m)
電話番号082-264-1121
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します

展覧会の巡回スケジュール