[画像: ウィニー・スーン 《Unerasable Characters》シリーズ2020–22年 「Hello, Human!」展(台北当代芸術館、2024)展示風景]

「ICCアニュアル2024 とても近い遠さ」

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
  • 1名あたり 100円OFF
  • 3名様まで割引
  • 一般・大学生に適用。他の割引と併用不可。年間パスポートは対象外

ミューぽんを使う直前に上のボタンを押してください。一度のみご使用いただけます。

11月10日終了割引あり

アーティスト

青柳菜摘+細井美裕、木藤遼太、ウィニー・スーン、たかくらかずき、ユーゴ・ドゥヴェルシェール、葉山嶺、古澤龍、米澤柊、リー・イーファン
イタリアの思想家、フランコ・ベラルディ(ビフォ)は、(2023年5月にWHOによってその終焉が宣言された)パンデミック以後もウイルスが存在することに変わりはないとし、そのことによる私たちの集合的無意識の変化を指摘しています。

現在の私たちの生活におけるパンデミック以前との大きな変化は、たとえばネットワーク環境を基盤にした、リモートワークやオンライン会議などの一般化として表われています。そうした、いわゆる「新しい生活様式」の変化への要因となり、拍車をかけたもののひとつがソーシャル・ディスタンスという考え方でしょう。

これまでの通信技術は、テレプレゼンス(遠隔現前)と呼ばれるように、遠くにあるものを近くに感じさせる、遠くを「ここ」に近づける「近さ」を実現するものとして構想、認識されていました。しかしソーシャル・ディスタンスという、物理的に近くあればこそ、お互いの「適切な」距離を考えざるをえない時期を経た現在の私たちにとって、それらの技術は、「遠さ」を近づける一方で、「近づけなさ」を表象するものにもなっているのではないでしょうか。

マーシャル・マクルーハンは、1962年に、通信技術によって時間的空間的距離というものが解消されることで、情報伝達の格差が消失し、あたかも地球がひとつの村のようになるとする「グローバル・ヴィレッジ(地球村)」というコンセプトを提唱しました。それは、インターネット時代になると現実のものとなり、現在では、高速大容量通信環境や現実拡張技術の発展によって、私たちのリアリティのあり方や捉え方にも変化が起こっています。情報はいつでも享受できる一方で、提供される情報のみで世界が構築されることにもなってしまいました。この時代の情報環境における、さまざまなリアリティの「遠さ」と「近さ」(とその変化)について、これからの集合的無意識を構成する要素について、私たちの日常の変化を反映した作品、日常がどのように変わるのかをとらえようとした作品など、それぞれが異なるアプローチによる作品から考えてみたいと思います。

スケジュール

開催中

2024年6月22日(土)〜2024年11月10日(日)あと115日

開館情報

時間
11:0018:00
休館日
月曜日
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
8月4日は休館
入場料一般 500円、大学生 400円、高校生以下・65歳以上・障がい者手帳提示と付き添い1名 無料
ミューぽん

100円OFF /  3名様まで割引 /  一般・大学生に適用。他の割引と併用不可。年間パスポートは対象外

この展覧会はウェブまたはアプリのTOKYO ART BEATで割引クーポンを利用できます

有料会員限定

詳細はこちら
展覧会URLhttps://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2024/icc-annual-2024-faraway-so-close/
会場NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
https://www.ntticc.or.jp/
住所〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 4F
アクセス京王新線初台駅東口より徒歩3分、小田急小田原線参宮橋駅より徒歩11分、都営大江戸線西新宿五丁目駅A2出口より徒歩12分
電話番号0120-144199
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します

1件の投稿

すべて表示

アウフグース

リー・イーファンの映像が出色だった! 夢に出そう!