「モノクローム 描くこと」

東京都渋谷公園通りギャラリー
終了しました

アーティスト

岡元俊雄、高橋和彦、たぬきだshin、西岡弘治、平瀬敏裕、堀口好輝、吉川敏明
描くという行為には、形があることも、形がないこともあります。道具をつかい、線や面で形を描くことも、心の中にイメージを思い描くことも、どちらも「えがく」と言うように、この言葉が表す行為には広がりがあります。一方、モノクロームと言うと、単色やグラデーションによる表現が思い浮かびます。しかし、色が限られていたとしても、表現の多様さが失われることはありません。白黒のモノクロームに限ってみても、画材や描き手の違いから、作品には無限に違いが生まれます。白から黒への変化の中には様々な幅のグラデーションがあり、真っ白や真っ黒に見える時でも、僅かな色味の差が美しい陰影をもたらし、わたしたちの記憶の中にあるイメージを誘い出します。モノクロームは、シンプルだからこそ奥深く魅力的です。

本展では、モノクロームの限られた色の中で描かれる独自の世界観に注目し、木炭やペン、ニードルなどの画材や道具を用いて対象を描き出したり、針金など描画には用いられることの少ない素材で形づくられたりする作品や、記された言葉や記号によってイメージが立ち現れてくる作品を紹介します。条件を絞ることで強いコントラストをもって見えてくる様々な表現から、描くことの意味をどこまで広く深く探ることができるでしょうか。作品を前に、わたしたちの心の中へ豊かな創造と想像の世界を思い描くことからはじめてみたいと思います。

スケジュール

2023年7月22日(土)〜2023年9月24日(日)

開館情報

時間
11:0019:00
休館日
月曜日
9月18日は開館
9月19日は休館
入場料無料
展覧会URLhttps://inclusion-art.jp/archive/exhibition/2023/20230722-176.html
会場東京都渋谷公園通りギャラリー
http://inclusion-art.jp/
住所〒150-0041 東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館 1F
アクセスJR渋谷駅ハチ公口より徒歩8分
電話番号03-5422-3151
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します