「つながる琳派スピリット 神坂雪佳」

パナソニック汐留美術館
12月18日終了
アプリで割引あり

アーティスト

神坂雪佳、本阿弥光悦、尾形光琳
神坂雪佳(1866-1942)は、明治から昭和にかけ、京都を中心に活躍した図案家・画家です。20世紀の幕開けと同時に、欧州で当時最先端の美術工芸を視察したことで、雪佳はあらためて日本古来の装飾芸術の素晴らしさを再認識し、「琳派」の研究に励みました。本展覧会は、「琳派」というテーマを通じて、多岐にわたる神坂雪佳の活動の真髄をひもときます。

「琳派」の起源は、江戸時代初期にさかのぼります。平安王朝の典雅な美に憧れ、その再興を目指した新しい芸術は、時を経て幕末から近現代にまで至る、世界的にも類まれな芸術の潮流となりました。中でも、本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳と尾形乾山、さらに酒井抱一、鈴木其一といった日本美術の歴史を彩る芸術家たちの偉業はよく知られているでしょう。そして明治時代の京都に登場した神坂雪佳は、琳派の芸術に強い関心を寄せ、その表現手法にとどまらず彼らの活動姿勢にも共感し、自ら実践していきました。そのあり方から「近代琳派・神坂雪佳」とも呼ばれています。

雪佳の創作活動の大きな特徴は、暮らしを彩るデザインを提供し、空間のトータルコーディネイトをした点にあります。実用性の高い図案集の出版から、工芸品の意匠(デザイン)、調度品の装飾、絵画制作まで、実に幅広く仕事をのこしました。そして「光琳の再来」とも称される作風を築くとともに、京都産業界の振興、工芸界の活性化にも尽力しました。

本展覧会では、魅力的な琳派コレクションで知られ、神坂雪佳にも早くから注目し顕彰してきた京都・細見美術館の監修のもと、雪佳の代表的作品に加え、雪佳が手本とした琳派の美をうかがわせる本阿弥光悦、尾形光琳らの名品をあわせて、絵画・図案集・工芸品など約80点を展覧します(会期中、一部展示替えをします)。古典と近代的発想を融合させ、美術と意匠の二つの分野を自在に往来した「近代琳派・神坂雪佳」の多彩な世界をお楽しみいただきます。

前期: 10月29日(土)〜11月29日(火)
後期: 12月1日(木)〜12月18日(日)

[関連イベント]
1. 講演会「近代琳派・神坂雪佳の魅力を語る」
講師: 細見良行氏(細見美術館館長)、福井麻純氏(細見美術館主任学芸員)
日時: 11月6日(日) 午後2時~午後4時(午後1時30分開場)
定員: 70名(要予約、定員は変更となることがあります)
聴講費: 無料(ただし本展の観覧券と予約が必要です)
会場: パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
2. 体験ワークショップ「雪佳デザインの版画を摺ってみよう ! 」
講師: 森光美智子氏(浮世絵木版画彫摺技術保存協会会員)、井上孝一氏(美術書出版株式会社芸艸堂)
日時: 11月12日(土) 午後2時~午後4時(午後1時30分開場)
定員: 30名(要予約、定員は変更となることがあります)
聴講費: 無料(ただし本展の観覧券と予約が必要です)
会場: パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

スケジュール

開催中

2022年10月29日(土)~2022年12月18日(日)あと17日

開館情報

時間
10:0018:00
11月4日・12月2日は20:00まで
休館日
水曜日
展示替期間・夏期・年末年始休館
備考
11月23日は開館
入場料一般 1000円、65歳以上 900円、大学生 700円、高校生・中学生 500円、小学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
ミューぽん

100円OFF /  2名様まで割引 / 一般のみ。他の割引との併用不可

このイベントはアプリのTOKYO ART BEATで割引クーポンが使えます

有料会員限定

詳細はこちら
展覧会URLhttps://panasonic.co.jp/ew/museum/exhibition/22/221029/index.html
会場パナソニック汐留美術館
https://panasonic.co.jp/ew/museum/
住所〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階
アクセス都営大江戸線汐留駅3番出口より徒歩5分、JR新橋駅汐留口より徒歩8分、東京メトロ銀座線新橋駅2番出口より徒歩6分、都営浅草線新橋駅より徒歩6分、ゆりかもめ新橋駅より徒歩6分
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)