[画像: ©Kenro Izu]

井津建郎 「BLUE」

PGI
終了しました

アーティスト

井津建郎
PGIでは二回目となる、井津建郎の作品展「BLUE」を開催致します。
井津建郎は、約40年にわたり、祈りや、人間の尊厳をテーマに、世界の石像遺跡などの聖地やそこに生きる人々を14×20インチの超大型カメラで撮影してきました。プラチナ・プリントによるその作品は多くの人を魅了し、世界的に高い評価を得てきました。
本展「BLUE」は、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』によって、陰影のうちに美を見出す日本人の美的感覚に気付かされた井津が、自らのアイデンティティを再認識し、撮影を始めたシリーズです。
舞踏ダンサーをモデルに〈存在〉を表現した「Body」と、静物や、枯れた草花に美を見出した「Still Life」から構成された作品は、作者が敬愛するピカソの「青の時代」(1901年〜1904年)へのオマージュとしてその100年後の2001年から2004年に制作されました。14×20インチの大型カメラで撮影したネガからプラチナプリントを制作し、その上にサイアノタイプの感光剤塗布と露光を数回繰り返すことにより、プラチナによる精緻な描写とサイアノによる深みのある青と独特の質感が現れ、気品に溢れた静けさを漂わせています。

スケジュール

2023年11月22日(水)〜2024年1月13日(土)

開館情報

時間
11:0018:00
休館日
日曜日、祝日
12月25日〜1月4日は休廊
入場料無料
展覧会URLhttps://www.pgi.ac/exhibitions/9043
会場PGI
http://www.pgi.ac/
住所〒106-0044 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F
アクセス都営大江戸線赤羽橋駅中之橋口より徒歩4分、東京メトロ南北線・都営大江戸線麻布十番駅6番出口より徒歩8分、東京メトロ日比谷線神谷町駅1番出口より徒歩8分
電話番号03-5114-7935
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します