「特別展 生誕270年 長沢芦雪 - 奇想の旅、天才絵師の全貌 - 」

大阪中之島美術館
終了しました

アーティスト

長沢芦雪
伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)、曽我蕭白(そが・しょうはく)と共に「奇想の画家」のひとりとして近年国内外から注目を集める長沢芦雪(1754 – 1799)の画業を紹介する、大阪で初となる回顧展です。

芦雪は江戸時代中期に京都で活躍した画家で、写生画の祖、円山応挙の高弟です。卓越した描写力に加えて、奇抜な着想と大胆な構図、また人を驚かせ楽しませようというサービス精神や面白みで、独自の世界を展開し人気を博しました。

絵を描くことが好きで、常に新しい表現や技法を追求し、精力的に活動した芦雪。多くの傑作は200年以上経った今も、観る人を魅了してやみません。本展では、代表作の《龍・虎図襖》(重要文化財)、初公開作品も含め、初期から晩年までの選りすぐりの優品を一堂に展覧し、奇想の天才絵師、長沢芦雪の魅力に迫ります。

スケジュール

2023年10月7日(土)〜2023年12月3日(日)

開館情報

時間
10:0017:00
休館日
月曜日
10月9日は開館
10月10日は休館
入場料一般 1800円、大学生・高校生 1100円、中学生・小学生 500円
展覧会URLhttps://nakka-art.jp/exhibition-post/rosetsu-2023/
会場大阪中之島美術館
https://nakka-art.jp/
住所〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-3-1
アクセス京阪線渡辺橋駅2番出口より徒歩5分、地下鉄四つ橋線肥後橋駅4番出口より徒歩10分、JR東西線新福島駅2番出口より徒歩10分、阪神線福島駅3番出口より徒歩10分
電話番号06-4301-7285
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します