東松至朗 「VIEW OSAKA THE DOME あれから10年」

ギャラリー・ソラリス
終了しました

アーティスト

東松至朗
大阪の中でも西側のエリアは今なお、昭和の雰囲気が色濃く残る下町の代表とも言えるエリアです。

そんな大阪の西側の風景を撮り続けている写真家・東松至朗が10年前の2013年に発表したのが、西区の京セラドーム大阪とその周辺を被写体とした「THE DOME」です。東松にとって1作目となる今作は、町のどこからでも目に入る巨大なドームの姿を遠く、近く、さまざまな場所から撮影した作品になっています。
大阪の下町に居座った大きな生き物のようなドームの姿は、町並みに溶け込むことのない異質な存在でもあり、時になんとも言えぬユーモラスさをも見る者に感じさせます。

今回の展覧会「VIEW OSAKA THE DOME あれから10年」は、出版10周年となる今年、10年前に撮影したのと同じ場所・アングルからふたたび撮影を行い、それぞれの写真を対比するように並べた展覧会となります。10年を経て、変わらぬドームと、変わりゆく町の姿をどうぞご高覧ください。

スケジュール

2023年2月28日(火)〜2023年3月12日(日)

開館情報

時間
11:0019:00
休館日
月曜日
入場料無料
展覧会URLhttps://solaris-g.com/portfolio_page/230228/
会場ギャラリー・ソラリス
https://solaris-g.com/
住所〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1F
アクセス地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線・四つ橋線心斎橋駅北5出口より徒歩2分
電話番号06-6251-8108
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します