「娯楽映画の黄金時代・日欧映画交流」

インスティトゥト・セルバンテス東京
終了しました
ゴジラに隠し子? スーパーマンと怪獣ゴルゴが東京でデート? 「名も無き惑星」への旅? 血まみれの森?
5月12日からインスティトゥト・セルバンテス東京で行われる展覧会でこの質問に答えます。

19世紀後半に各国で行われた万国博覧会に端を発し、ヨーロッパ全土に"日の出ずる国"日本への興味が広がりました。20世紀ヨーロッパと日本の映画を通じた交流は、西洋と日本、当時の魅力を端的に示しています。

監督、プロデューサー、技術スタッフらの熱意ある働きかけにより、当時の映画スクリーンは、放射能性モンスター、宇宙船、奇妙な素性のスーパーヒーロー、現代のサムライ、アジア風の古代ギリシャ神話が活躍の場を得ました。第二次世界大戦終結後、国際映画祭で大規模な映画製作が行われるようになった傍ら、娯楽映画 (ファンタジー、アドベンチャー、ホラー、サイエンス フィクションなど) が人気を博しました。そしてこのふたつのジャンルで互いに並外れた名声を得る作品が数多く生まれたのです。

本展覧会は、映画批評家、同ジャンルのエキスパート、ダニエル・アギラル氏によるキュレーションで、1954年から1979年までにヨーロッパ諸国(主にスペイン)で印刷された日本の娯楽映画の素材と、同時期に日本で発表されたヨーロッパ娯楽映画素材、マニア垂涎のポスター、カタログ他を展示します。

スケジュール

2023年5月12日(金)〜2023年6月10日(土)

開館情報

時間
10:0018:30
土曜日は15:30まで
休館日
月曜日、日曜日

オープニングパーティー 2023年5月12日(金) 18:00 から 20:00 まで

要予約

入場料無料
展覧会URLhttps://edad-dorada-cine.peatix.com/
会場インスティトゥト・セルバンテス東京
http://tokio.cervantes.es
住所〒102-0085 東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル
アクセスJR総武線市ヶ谷駅より徒歩4分、都営新宿線・東京メトロ有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩4分
電話番号03-5210-1800
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します