「明治のメディア王 小川一眞と写真製版」

印刷博物館
終了しました

アーティスト

小川一眞
写真が社会に広まっていった明治期に活躍した写真師、小川一眞(1860~1929年)は、写真製版によってたくさんの印刷物を製作、出版しました。写真製版とは、写真技術を応用して、ネガとポジの原理を基に印刷の版をつくる方法です。日本では明治時代から始まり、印刷会社の製版現場で用いられ続けました。テレビもラジオもなかった明治時代のメディアといえば、新聞、雑誌、書籍などが中心であり、とりわけ写真が入った印刷物は大きな役割を果たしました。
本展覧会では、小川一眞が導入した2つの写真製版技術、コロタイプ印刷と網目版印刷で製作した印刷物を中心に、約100点の資料を紹介します。

スケジュール

2023年11月18日(土)〜2024年2月12日(月)

開館情報

時間
10:0018:00
休館日
月曜日
1月8日、2月12日は開館
12月29日~1月3日は休館
入場料一般 500円、大学生 300円、高校生 200円、中学生以下・70歳以上・障害者手帳提示と付き添い 無料
展覧会URLhttps://www.printing-museum.org/collection/exhibition/t20230801.php
会場印刷博物館
https://www.printing-museum.org/
住所〒112-8531 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川本社ビル
アクセス東京メトロ有楽町線江戸川橋駅4番出口より徒歩8分、JR総武線・東京メトロ有楽町線・東西線・南北線・都営大江戸線飯田橋駅東口・B1出口より徒歩13分、東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅1番出口より徒歩10分
電話番号03-5840-2300
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します