「遠距離現在 Universal / Remote」

熊本市現代美術館
終了しました

アーティスト

井田大介 、徐冰(シュ・ビン) 、トレヴァー・パグレン 、ヒト・シュタイエル、地主麻衣子 、ティナ・エングホフ 、チャ・ジェミン 、エヴァン・ロス 、木浦奈津子
コロナ禍の日常生活の中で私たちが感じるようになった、ソーシャル・ディスタンシングによる緊張感、医療不足、より不安定となった雇用など、社会 / 経済全般における諸問題は、決して今に始まったことではありません。むしろ、ウイルスと同様に、パンデミックという状況によってよりはっきりと明るみに出た、世界各地の人々が同時に共有する問題と言えるでしょう。人、資本、情報が世界規模で移動する20世紀後半以降のこれまでの社会は、2010年代より本格化したスマートデバイスの普及とともに、オーバーツーリズム、生産コストと環境負担の途上国への転嫁、情報格差など、それぞれのグローバル移動に伴う問題を抱えたまま 2020年を迎えました。そして、同じく国境のないパンデミックの発生により、人の移動には不意のストップがかかったものの、資本と情報の移動が止まる気配はありません。かえって、資本や情報の本当の姿が、垣間見えているようにも思えます。豊かさと貧しさ。強さと弱さ。私たちの世界のいびつな姿はますます露骨に、あらわになるようです。

展覧会タイトル「遠距離現在」は、ソーシャル・ディスタンシングや非対面コミュニケーションといったコロナ禍社会の条件はもちろんのこと、資本と情報が世界規模で移動する今世紀の状況をふまえたものでもあります。展示予定作品の多くは2020年以前のものですが、監視システムの過剰や精密なテクノロジーのもたらす滑稽さ、また人間の深い孤独を感じさせる作品群は、今の時代、あるいはこれからのポストコロナ時代の世界と真摯に向き合っているようにも見えます。本展は、全世界(Pan-[全 ,汎 ..の意])の規模と、非対面の遠隔(Remote-)という二つの視点から、グローバル資本主義やデジタル化社会といった現代アートにおける従来のテーマを新たに捉えなおすものです。1.「pan-の規模で拡大し続ける社会」、2.「remote-化する個人」の構成からなる本展は、このような社会的条件が形成されてきた今世紀の社会の在り方について取り組んできた作品をご紹介します。

スケジュール

2023年10月7日(土)〜2023年12月17日(日)

開館情報

時間
10:0020:00
休館日
火曜日
入場料一般 1100円、65歳以上 900円、大学生・高校生 600円、中学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
展覧会URLhttps://www.camk.jp/exhibition/universalremote/
会場熊本市現代美術館
https://www.camk.jp/
住所〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3F
アクセス熊本市電水道町駅より徒歩1分、JR鹿児島本線熊本駅白川口(東口)よりバス「通町筋」下車徒歩2分
電話番号096-278-7500
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します

展覧会の巡回スケジュール