[画像: 奈良美智「台湾 / 屏東県恒春鎮」、2023年、ピグメントプリント、32.4 x 32.4 cm © Yoshitomo Nara]

奈良美智 「北海道-台湾」

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー / フィルム
終了しました

アーティスト

奈良美智
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー / フィルムは、11月24日(金)から12月26日(火)まで、奈良美智の個展「北海道 - 台湾」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーにおける2度目の個展となる本展では、奈良が2022年から2023年にかけて北海道と台湾のちいさな集落で撮影した写真作品約55点を展示いたします。

作家である前に、人としての奈良にとって「旅」は重要な要素であり続けます。特に東日本大震災をきっかけに自身のルーツを探る「旅」をするようになりました。2014年には亡き祖父の出稼ぎ先であったサハリンへ赴き時代に翻弄された少数民族に出会い、その風景や人々を撮影した写真のシリーズ作品「SAKHALIN」を発表します。さらに近年では自身のルーツを越え北海道や台湾の辺境にある集落を頻繁に訪れています。北海道の白老町や洞爺湖町へは数年の間に個人的に何度も訪れ、顔の見える小さなコミュニティーの中で信頼関係を築き、彼らと普通の日常を共にすごしています。一方でサハリンへの旅が、古くはオランダ、清国そして日本に統治された歴史を持つ島「台湾」へつながり、山岳地帯や小さな町を巡りそこに住む人々や風景を求めます。行き先は違っても旅の中で奈良は自分を構成するものを探し求めています。「中央から離れて地方や辺境に向かうのは、自分が自分であり続けるためかもしれない」と語ります。

本展で展示される作品は近年の北海道と台湾への旅の中で撮影された写真です。「北海道」のシリーズでは2020-2023年にかけて撮影された小さなコミュニティーでの日常を映した作品を展示します。台湾のシリーズでは2023年の春の高雄市や近辺への旅の中で撮影された多くの写真の中から、特に風景をとらえた作品を展示します。何気ない日々を捉えた写真は、確かにその土地に時間が流れ、人々の暮らしがそこにあることを感じさせます。写真を撮る行為を「ドローイングと似て」いると表現するように、これら作品群は奈良の目あるいはレンズを通した世界の観方を提示し、作家の感性にじかに触れることができるものです。

スケジュール

2023年11月24日(金)〜2023年12月26日(火)

開館情報

時間
12:0019:00
休館日
月曜日、日曜日、祝日

オープニングパーティー 2023年11月24日(金) 17:00 から 19:00 まで

入場料無料
展覧会URLhttps://www.takaishiigallery.com/jp/archives/31349/
会場タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー / フィルム
http://www.takaishiigallery.com/
住所〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル2F
アクセス東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅3番出口より徒歩8分、東京メトロ南北線六本木一丁目駅1番出口より徒歩8分
電話番号03-6447-1035
関連画像

各画像をタップすると拡大表示します