アトリエ・ワン 「いきいきとした空間の実践」

ギャラリー・間
終了しました

アーティスト

アトリエ・ワン
いきいきとした空間をつくりたい。建築の設計を通して、いきいきとした空間をそこに生きる人たちとともに実践したい。どんな主体が、そのいきいきとした空間を支えるのだろうか。どんな建築的想像力が、いきいきとした空間の実践の担い手を引きつけるのだろうか。

戸建て住宅の設計は今、新しい状況を迎えているのではないか。その空間は標準化されたライフスタイルを再生産するものから、個別の家族の、個々人の、生活現象に沿って自在に展開されるものになってきている。その一方でどこに行っても通用することより、それぞれの地域における住居の振る舞いとの対話に知的な楽しみが見いだされている。

グローカル・デタッチド・ハウスはそうした個人化をすすめつつ、場所とのコミュニケーションを指向する複合性の空間である。公共空間は今、暗いシナリオを抱えていないだろうか。商業空間に飲み込まれ、目的を整理され、監視され、余剰性や可変性や多様性という冗長性を涵養する性質を失いつつある。この状況を打開する一つの道は、身体を用いた空間の実践を通して、それぞれの人の体内に潜む公共性のプログラムを発動させることである。

マイクロ・パブリック・スペースは美術展の枠組みを借りて実現された、囲いのない公共空間の実験である。新しいいきいきとした空間の担い手は、もしかしたらすぐ隣にいるかもしれない。茅ヶ崎に主婦を中心とした人形サークルがある。30年来の活動で、レパートリーは30を超え、人形は50体を超えるが、専用の劇場や、人形が一同に介する場所はない。それは趣味の一種だが、子供達や老人達を喜ばせる広がりをもつ。

そういう希望が集まったような空間はいきいきとしている。その手作りの温かさ、優しさを台無しにしないように、建築が寄り添うことができたら、その人形劇の空間に力強さが加わるのではないか。今回新たに制作する人形劇の家は建築の提案を行うことにより、建築の方からいきいきとした空間を実践する主体を探しに行くプロジェクトである。

2006年11月
アトリエ・ワン

AD

スケジュール

2007年3月8日(木)~2007年5月12日(土)

会場の開館情報

11:0018:00
月曜、祝日休館
展示替期間・夏期・年末年始休館
入場料無料
展覧会URLhttp://www.toto.co.jp/gallerma/ex070308/index.htm
会場ギャラリー・間
http://www.toto.co.jp/gallerma/
住所〒107-0062 東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
アクセス東京メトロ千代田線乃木坂駅3番出口より徒歩1分、都営大江戸線六本木駅8番出口より徒歩6分、東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口より徒歩7分、東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線青山一丁目駅4番出口より徒歩7分
電話番号03-3402-1010

AD

AD