「金文 - 中国古代の文字 -」

泉屋博古館東京
終了しました
今から三千年前の商周時代、さまざまな造形をもつ青銅器が盛んに製作されましたが、その表面には古代の文字が鋳物の技術によって立体的に盛り込まれていました。この中国古代の文字「金文(きんぶん)」は、現在の漢字の祖先にあたります。
本展では青銅器にあらわされた文字、金文の世界を紹介するとともに、復元鋳造レプリカやその鋳型を併せて展示することで、鋳物の技術としての文字=金文をわかりやすく伝えします。

AD

スケジュール

2019年11月9日(土)~2019年12月20日(金)

会場の開館情報

11:0018:00
金曜日は19:00まで
月曜休館
入場料一般 800円、大学生・高校生 600円、中学生以下無料
展覧会URLhttps://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html
会場泉屋博古館東京
https://sen-oku.or.jp/tokyo/
住所〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
アクセス東京メトロ南北線六本木一丁目駅3番出口より徒歩4分、東京メトロ日比谷線神谷町駅4b出口より徒歩6分
電話番号050-5541-8600 (ハローダイヤル)

AD

AD