「畠山記念館の名品 - 能楽から茶の湯、そして琳派 - 」

京都国立博物館
残り5

アーティスト

尾形光琳、鈴木其一、渡辺始興
荏原製作所の創業者である畠山一清(はたけやまいっせい、号:即翁<そくおう>)が蒐集した美術品を収蔵する畠山記念館。本展は改築工事のため長期休館中の同館コレクションのなかから、茶道具を中心とする日本・中国・朝鮮半島の古美術の名品を紹介します。即翁が愛蔵した茶道具には「即翁與衆愛玩(そくおう よしゅうあいがん)」の蔵印が用いられており、その言葉は自らが蒐集品を独占するのではなく、多くの人と共に楽しみたいとの即翁の想いが込められています。即翁の美意識と彼の愛した古美術の世界を共有できるまたとない機会です。
※本展は、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、事前予約優先制を導入します。

前期展示:2021年10月9日(土)~11月7日(日)
後期展示:2021年11月9日(火)~12月5日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替を行います。

AD

スケジュール

2021.10.09(土)~2021.12.05(日)

会場の開館情報

09:30 ~ 17:30
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館
入場料一般 1800円、大学生 1200円、高校生 700円、中学生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
展覧会URLhttps://www.kyohaku.go.jp/jp/special/korekara/hatakeyama_2021.html
会場京都国立博物館
https://www.kyohaku.go.jp
住所〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
アクセスJR京都駅より京都市バス(100・206・208系統)「博物館・三十三間堂前」下車徒歩1分、京阪線七条駅より徒歩7分
電話番号075-541-1151

AD

AD